2016年03月11日

横須賀の今と昔(14) 新日本風土記「横須賀」放映記念

継続は力なりと言いますが今年で8年目、もはやライフワークとなった感もある、横須賀市内の今と昔の場所を撮影して記録する作業ですが、すでに撮影場所は100箇所を超えてなお、今も月ペースで増え続けていたりします。

今回は最近撮った写真の中からその一部を、新日本風土記「横須賀」放映記念ということで、上下分割した今昔写真に加工してみました。
上が現在で下がおおよそ1950年代前半です。

横須賀今昔写真

割合的には、やはり当時の米兵が数多く撮影した朝鮮戦争期のドブ板通りが中心になりますね。当時カラー写真は、個人だと米軍兵士くらいしか撮影できなかったので、被写体が彼らがよく行った歓楽街や酒場などに偏ってしまいがちなのは仕方ありません。
ちなみに彼らが勤務していた軍港や米軍基地内については、ある程度の形にして当サークルの同人誌で発表済みだったりしますが、基地内の今の写真を撮るのが難しいため、ライブラリ化はなかなか進まないのが現状ですね。

横須賀今昔写真

ローズ商会は今も営業している店舗ですし、周辺の建物自体も割と当時のまま残っているので、まだそこまで劇的に変化したようには見えないでしょうか。

横須賀今昔写真

逆に劇的に変化したのは汐入駅前ですね。このあたりは1990年代の大規模再開発で旧EMクラブが取り壊され芸術劇場やショッパーズが建てられたりと、古い建物が軒並み姿を消したので、もはや写真の中にしか昭和の風景は残されていません。
この写真も、奥に見える店の窓と京急線のトンネルが写っていなければ、正確な位置が特定出来なかったと思います。

横須賀今昔写真

ショッパーズ駐車場出入口前から汐入駅方向を撮影。中央の奥に市民会館が健在なので、年配の方が見ると懐かしくなる光景かもしれないです。右端の古い店舗は、現在も銃砲店として健在ですが、その右横の旅館新井閣は取り壊されて今はガストの入ったビルになっています。

横須賀今昔写真

最後に懐かしいさいか屋の2代目ビル、右の三笠通りアーケードが完成する前の時代の撮影です。現在さいか屋の跡地は駐車場となり、奥にはタワーマンションが2棟と、ここも半世紀で景色がだいぶ変わった場所のひとつですね。


というわけで、ちょっとだけでしたが横須賀市内今昔写真はいかがだったでしょうか。
実はこれら画像のように、上下に今と昔の写真を並べて1ページにしたのを集めて、いつかサークルで同人誌にしてもいいかなと思っているのですが、なかなか実現までの道程は遠く……これら集めた写真が活用されるのはもう少し先のことになりそうです。

posted by acj@管理人 at 10:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 横須賀の歴史