2014年07月22日

続・萌える艦内新聞

前回の、戦前の艦内新聞には今の萌え絵の元祖的な美人画が沢山!というネタに続いて、今回は艦これのような軍艦擬人化は戦前すでにネタとしてあったというお話です。

愛宕.jpg
こちらが艦これでお馴染みの愛宕さん、そして〜

愛宕新聞1.jpg
これが戦前(昭和9年)の艦内新聞に描かれた愛宕(アタ子)さん。
さすがに艦これのような人間そのままの姿にするという発想には至らなったものの、これは「きかんしゃトーマス」に近い発想でしょうか。愛宕が所属する第2艦隊の短艇競技会に向けて書かれた記事の1コマで、同型艦の高雄(タカ夫)くんをライバル視している様子がよくわかる絵となっています。
なんというか、軍艦を萌え絵にしてゲームのキャラクターにするのは不謹慎かどうかはともかく、当の軍艦の乗組員が嬉々としてこういうイラストを描いて新聞にして配っていたという事実は、もっと知られても良いかもしれません。 ちなみに、このイラストも一部の水兵が悪ふざけで描いたわけでは決してなく、上官にあたる編集長(主計少佐)のチェックを通って発行されている新聞ですからね。少なくとも当時の艦内では、自分の艦の擬人化が不謹慎という風潮はなかったと考えても良いと思います。


次は、同人誌ネタでは定番?のトレパク疑惑。なんとまぁ、まさかこんなネタまで艦内新聞で見つけてしまうとは私も予想外でした。ます下の画像〜

赤城新聞.jpg

元ネタのニュース記事がすでに消えてるので、別のサイトから画像だけ引用しましたが、4年ほど前に空母「赤城」の艦内新聞見つかる 戦況記事に並び娯楽もというニュースがasahi.comに掲載された際、確かこの画像が貼られていたと記憶しています。
これは昭和6年の赤城新聞の一部なのですが、手前の籐製の椅子に腰掛ける少女のイラストをなんとなく憶えていまして〜 すると……

愛宕新聞2.jpg

今回入手した愛宕新聞に、椅子に腰掛けるそっくりな少女のイラストが〜 (笑)
赤城新聞が昭和6年で愛宕新聞が昭和9年ということで、より古い方を元ネタとすれば下の愛宕版が模写した可能性が出てくるわけですが…… パクった方がパクられた方より絵が稚拙っぽく見えるところも、トレパク疑惑ネタではありがちなパターンw
果たして愛宕新聞の絵師が赤城新聞の絵を知っていたのか? 模写したのか? それともどちらの絵も当時の少女雑誌みたいな元ネタがあって、その中の挿絵を模写しただけなのか?
考えられるパターンは幾つかありますが、元ネタのイラストが掲載された本でも見つからない限り、80年後の私達が絵から真相を解明することはまず不可能でしょうね。

以上、今回は続編として今の同人誌にも繋がるような擬人化とトレパク疑惑のネタを艦内新聞からピックアップしてみました。
posted by acj@管理人 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101896342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック