2015年02月19日

戦艦長門の応援歌をボーカロイドに歌わせてみた

去年、当ブログにおいて75年ぶりに長門應援歌成る!!ことに成功した件については、リンク先のブログ記事を参照してもらうことにして、今度はそのメロディにボーカロイドによる歌唱をつけてみるのに挑戦してみました。

事の始まりは、去年入手した「昭和12年度 軍艦長門写真帖」にこんなページがありまして〜
長門応援歌1.jpg
見ての通り、戦艦長門の乗組員が艦隊内で行われた短艇競技会の際に合唱した応援歌として、写真とともに歌詞が3番まで掲載されていたのです。 さらに1番の部分は、昭和14年の艦内新聞に書かれていた歌詞と全く同じで、推測するにどうも詞は昭和12年の時点で既に完成していて、後から本職(軍楽隊)の手によって正式に曲が加えられたらしいことまで判明しました。

この応援歌が何時頃成立したのかは不明ですが、とりあえず2つの資料を合わせれば昭和14年から歌われていたバージョンとして復刻出来るのではないかと、今回MIDIファイルに手を加えてフルバージョンとしてボーカロイドに歌わせてみたのがこちら。
軍艦長門 応援歌 
作詞:不詳
作曲:第一艦隊軍楽隊
注意:原版の譜面は歌唱旋律とソロトランペットのみ、ドラムやバス等は私の手による付け加え-(アレンジ)です。

軍艦の応援歌は、艦隊内で頻繁に行われていた各種競技会で自艦の選手を応援するため、それぞれの艦で独自に作られ歌われていたことが判明しており、年代によって複数の応援歌が存在する艦もあったようです。 ただ、これらの応援歌も艦歌と同じく完全に内輪向けの曲ということで、まともな譜面どころか口伝で歌詞すら残っていない曲が大半で、そのほとんどが終戦とともに歴史の闇へと消えていきました。
ちなみに私が調べたところ、他には霧島や愛宕の応援歌を確認しているのですが、残念ながら手元の資料には歌詞しか残っておらず、曲として再現するのは不可能だったりします。

今回復刻した長門応援歌は、偶然とはいえ詞と曲が揃った特に幸運なケースといえるでしょう。 
願わくば艦これブームが引き金となり、こういった埋もれている曲の数々が発掘され、再び陽の目を見る事が叶いますように……
posted by acj@管理人 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113955550

この記事へのトラックバック