2008年07月26日

GRIDオンラインはカオス状態

今も暇な時にちょくちょくプレイしている、レーシングゲームGRIDですが、キャンペーンでライセンスが1つ上がった機会に、噂のオンラインモードでもデビューしてみることにしました。

英語版なので当然設定やらチャットやらは基本英語、でもまぁ接続も簡単でインターフェースもそんな複雑ではないから、英語が苦手でもなんとかなってしまいます。 対戦相手のプレイヤーはゲームがSteamでオンライン販売されてるおかげか、パッケージ販売されていない地域も含め、それこそ世界中から猛者が集まってきます。 加えてまだ発売されて日が浅いので、時間帯あまり関係なく適当にオンラインにしても、対戦相手がいない過疎状態ってのはあまりないのが嬉しいところ。 イギリス・フランス・ドイツあたりのプレイヤーが多い印象かな。


ざっと遊んでみた感想としては、ひと握りの高スキルプレイヤーにその他有象無象のプレイヤーが、それこそカオス状態で詰め込まれてる感じかなぁ。 ライン取り?コーナーリング? そんなの関係ねぇ! 進路妨害上等!俺の前を走ってるお前が悪い。 これが基本かも(笑) とにかく荒っぽい、普通に走っててもガンガンぶつけられるわ幅寄せで進路妨害されるわ、コーナーリングで他車にぶつけて曲がるなんて当たり前、いくら自分がルールを守って走っていても、たちまちもらい事故で自車がボロボロなんてことが普通に起こるのがオンラインの世界です。
もっとも、サーバーの設定で車へのダメージや当たり判定をOFFにすれば、とりあえずもらい事故でのクラッシュ回避は出来るのですが、それだと今度は緊迫感が失われてしまうから難しいところなんですよね。

オンラインをプレイする時は、とにかくクラッシュしても熱くならないのが基本ですね。 やられたからKick投票なんて無粋な真似はせず、次のレースでぶつけ返してやるくらいの気持ちでプレイするのがいいのかもしれません。
そしてある程度上手くなってくると、スタート直後のカオス状態から抜け出すことが面白くなって… くるのかなぁ?


とにかく、スタート直後に前へ抜け出せないとこういう目にあいます(笑) でもこれがゲームの醍醐味なんだよね。 最近は速度を競うより、いかに相手をクラッシュさせるか派手にぶつけるかの方に力が入るようになったかも。


いつものサンフランシスコ(ショートコース)も、オンラインだとテラカオス! この団子状態をスタート直後に抜け出せるかが最大のポイントなのですが、私の腕では無理ぽです。 でもこれこそオンラインな感じがするから、私はこういうのも結構好きです。
posted by acj@管理人 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17334233

この記事へのトラックバック