2016年04月18日

PCゲームで戦車道を嗜む

ゲームカテゴリでの投稿なんて何年振りだろうか。

去年の11月頃から、Steamで基本プレイ無料ということで気軽に始めてみたPC戦車ゲームWarThunderですが、これが意外と面白く私にしては長続きして、かれこれ半年近くプレイし続けていたりします。そして今月に入って、ついに課金してゲーム内通貨まで買ってしまったりと、まだしばらくはWTの戦車道から抜けられそうにありませんね。

Warthunder01.jpg
で、そのゲーム内通貨で購入したランク2のIII号戦車N型が最近のお気に入り。
史実でN型が登場した1942年後半から43年にかけては、主力戦車の座がIII号戦車からIV号戦車へと移りつつあり、この戦車も余剰の短砲身75mmを積んだ火力支援の役割を担ったわけですが、ゲーム内では登場年代関係なく戦闘力でランク分けされるため、装備してる75mmHEAT(成形炸薬弾)が初期の軽・中戦車を相手に無類の強さを発揮してくれます。
なにしろこのHEATは、距離に関係なく100mの装甲を貫通するので、ランク1〜2で最も手強いソ連のT-34/76を正面から撃破可能なのが頼もしいですね。

とまぁ他にも色々と書きたいのですが、ぶっちゃけ日記で文章にしても、面白さはイマイチ伝わってこないと思うので、とりあえず日本語でゲームを紹介しているWarThunder Japanese Wiki、あるいはWarThunderでYoutubeやニコ動を検索してゲーム実況動画を見てみることをお勧めします。
そして私からもIII号戦車N型を使ったアーケードモードでのプレイ動画を〜


Warthunder02.jpg
上の動画は、接近戦でIII号N型の性能を活かした動画を撮ろうとしたのに、カレリア峡谷マップに飛ばされれてしまったorz
このマップのアーケードモードは、峡谷の上下挟んで敵味方が延々と砲撃戦というグダグダプレイになりがちなので、今回は思い切って突撃かましてみました。 交戦距離が短いので適当に狙いをつけてHEATを撃ちこんでますが、通常のドイツ戦車プレイは戦場の後方から照準モードにして遠距離狙撃が基本です(突撃はソ連戦車にやらせれば良いのです)


というわけで、なんかゲーム紹介にもなっていないチラシの裏っぽい日記になってしまいましたが、今夜はこのへんで〜
posted by acj@管理人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174959541

この記事へのトラックバック