2016年04月24日

忘れられた案内板

横須賀日の出町のとある場所……

20160424_a.jpg

歩道に沿って並ぶ色とりどりの看板。
普段何気なく通っていると気が付きにくいかもしれないが、ちょっとだけ周囲を意識して見渡すと、それが視界に入ってくるかもしれない。

20160424_b.jpg

周囲の看板やノボリとは明らかに違う、旅館と寿司屋の案内板。
長いこと放置され年季の入ったその風貌。支柱は錆びて傾き、かつて電柱から供給されていたであろう電線も切れ、かなり以前に電飾看板としての役目を終えたのだろう。

20160424_c.jpg

実際、矢印の指す方向の路地を辿ってもひっそりとした住宅街が続くだけで、旅館ハトヤや笹寿しはどこにも見当たらない。

後日ちょっと気になって調べたところ、旅館ハトヤは路地の右手の電柱あたりに、少なくとも昭和30年代から存在していたことがわかった。そして旅館の建物自体、おおよそ5〜6年前まで残っていたらしい。旅館跡地に建てられた住宅が比較的新しいのもそれを物語っている。

20160424_d.jpg

路地をもう少し奥まで歩くと、消えた笹寿しと入れ替わり……というわけではないだろうが、最近の幕末歴史ブームにあやかったような店名の焼鳥屋が営業していたのが印象的だった。

というわけでこの案内板、数年前に旅館と寿司屋が廃業した際になぜか撤去されず、今に至るまでそのまま残ってしまったようである。おそらく支柱が道路側にあるため、その後も民間で勝手に撤去出来なかったのかもしれない。

その、色褪せ周囲から浮いた姿は、かつて昭和の時代からの置き土産みたいに見えるのは私だけだろうか……

20160424_e.jpg

そして今日も、案内板は存在しない店を指し続ける……



posted by acj@管理人 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175029547

この記事へのトラックバック