2016年12月10日

軍艦愛宕の歌

Twitterに投稿しようと思いましたが、短文で書ききれないし分割投稿するとまとめてログを探しにくくなりそうなので、当ブログでまとめておきます。

一部熱狂的ファン待望の巡洋艦「愛宕」の艦歌ですが、レコードや絵葉書で残るような公式な歌ではなく、艦内新聞の編集員が替え歌として歌詞を投稿した艦歌ならあったりしました。 このような替え歌や歌詞のみの掲載は他の軍艦でも艦内新聞にちょくちょく出てくるようで、もしその軍艦に公式な艦歌が残っていなければ、それを艦歌として残すのもありだと個人的には思っています。
というわけで、原版となる愛宕新聞の艦歌部分はこちら〜

atago_no_uta.jpg

「昭和9年度第2艦隊 4月25日 No.54」より抜粋
見ればわかりますが、古いガリ版刷りのため印刷がかすれて一部歌詞が判読できなくなっています。 画像処理をかけても文字の痕跡を識別するのが困難なため、完全な歌詞が作れず長らくお蔵入りしていたのですが、今回誰かが補完してくれるのを期待して不完全なまま公開することにしました。

軍艦愛宕の歌

詞:海軍一等兵曹 阿部金三郎(昭和9年)
曲:橘中佐(上)の歌詞調

1:
帝都***横須賀の
**鍛へし武人(モノノフ)が
精鋭すぐる七百余
乗こむ愛宕は日の本の
生命(イノチ)とたのむ巡洋艦
これぞ我等の城なるぞ

2:
太平洋に低気圧
************覚悟して
磨く伎𠈓(ギリョウ)は国の為
成る時あらば眞先に
敵を破らん愛宕魂
これぞ我等の意気なるぞ

3:
愛宕第一モットーに
協力一致至誠もて
元気に愉快に励みなば
腕に愛宕の神宿り
我に敵するものあらじ
これぞ無言の威圧なり

4:
国難国歩(コクホ)前に見て
擔(ニナ)ふ使命は軽るからじ
されど事あるその時は
愛宕の甲板(デッキ)の花と散る
覚悟で進まん諸共に
これぞ我等の信念ぞ

注:****の箇所は判読困難なためカットしています。

なお現時点で内容未確認ですが、今月発刊の艦内新聞集成第9巻に昭和9年の愛宕新聞が載るそうで。 もしここに同じNo.54があれば、印刷の状態が良くて読めるかもしれませんが、果たして……


2017.3.1 追記
上記歌詞を使い、ボーカロイド巡音ルカV4Xの歌唱とSMFの演奏で再現してみました。 一部解読困難な箇所は「ラララ〜」に置き換え、もしくは前後の文章から推測して補完しました。


posted by acj@管理人 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177993158

この記事へのトラックバック