2017年02月12日

巡音ルカV4X導入と新たな榛名艦歌

だいぶ遅い今年1番目のブログ記事ですが、コミケほぼ完売のご褒美として先月ついに新しいボーカロイドを我が家に迎えてしまいました。
巡音ルカ V4X

実は巡音ルカか初音ミクか、どちらを迎えようか店頭で見比べる段階まで悩んでいたのですが、最終的にVY1V4とより声質が異なるルカの方を選びました。それで早速、まずはVY1V4で歌わせていた既存曲をルカV4Xにチェンジしてみました。



巡音ルカV4XがVY1V4と大きく違う特徴として、1つのボーカルの中で異なる歌唱スタイルを選べるE.V.E.C.(Enhanced Voice Expression Control)がありますが、これが非常に効果的で、1音符ごとに細かく表情をつけたり息継ぎを入れてみたりと、手軽に表現の幅が広げることが出来ます。ただし、VY1V4で打ち込んでいたボーカロイドエディタでなく専用のエディタで打ち込まないと100%使い切ることが出来ませんが……
あと、新たなボカロを購入したのと合わせて、ボカキューに同梱されていたCubase AI7を今回思い切ってElements 9にアップグレードしました。これにより、使える音色やフィルターの幅が広がり、バックの演奏も少しゴージャスになった、かなぁ?

というわけで、いくつか既存曲をいじってルカV4Xに慣れたところで、最初からルカ専用として作った第1曲目がこちら〜


昭和8年度 軍艦榛名記念写真帖に掲載された「軍艦榛名の歌」を、いつものようにSMFで]演奏を作り、巡音ルカV4Xに歌わせてみました。 参考とした写真帖には歌詞と旋律の楽譜のみが記載、その他の楽器パートは私の手による付け加え(アレンジ)となります。
作歌の下村副長とは、おそらく昭和7年11月25日より1年間、榛名副長を務めた下村勝美 海軍中佐。作曲は岩田 軍楽兵曹長となっていますが詳細は不明 。 ちなみに写真帖発行の約2年後、この歌詞をほぼ流用した形で綿引 軍楽兵曹長が新たな曲を加えた榛名艦歌(昭和10年版)が、昭和10年12月6日の榛名 艦内新聞内にて完成告知されていますが、それが私がボカロ(VY1V4)を買って初めて作った曲になるんですよね。


昭和8年版と10年版の両方とも、私の主観がかなり入ったアレンジになるので、そうだと決めつけるのは危険ですが、おそらく普段乗組員達が歌うには少々難しい昭和8年版をより歌いやすくするため、新たに昭和10年版が作られたのではないかと推測するのですがどうでしょう?

そんなわけで今年初のブログ記事はこのへんで。 次の記事はもう少し早く更新したいと思います。
posted by acj@管理人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178749390

この記事へのトラックバック