2008年10月09日

YSスペシャル第1号がプレミア価格に!?

以前の日記でも話題にしていましたが、去る7月31日に休刊となってしまった週刊ヤングサンデーの、中途で終了した連載作品を集めて続きを掲載した増刊号が、9月25日に発売となりました。

ビックコミックスピリッツ特別増刊 YSスペシャル

別名さくらんぼシンドロームマガジン・・・って嘘々(笑)

でも実は雑誌掲載の主だった作品は、クピドの悪戯IIと都立水商以外ほとんどがネットのソク読みで読めてしまう罠。 この2作をソク読みに加えてしまうと、それこそ休刊後に無理をして出した増刊号に何も価値がなくなると、小学館が自ら言ってるようなもの・・・ 実は私もクピドがソク読み出来たら、目当てはそれだけなので雑誌を買ってなかったかもしれません。 まぁカラーページがある限り、私は紙媒体で買い続けるつもりだったのですが。

この増刊号ですが、イキガミやコトー診療所、クロサギ、バーディにとめはねっ!と、旧ヤンサン時代の主力作品は既にスピリッツ等へ移籍済みで、ぶっちゃけると掲載されてる大半の作品がその生き残り選考から漏れたか、クピドのような最終回間近で他紙への移籍が困難だったもの。 なので小学館としても増刊号の出版はけじめ(作品救済)みたいなもので、そう数は裁けないだろうと判断したのでしょう。 どうも第1号というのに発行部数を相当しぼったようで、9/25の発売直後から「書店にない」「コンビニ5軒はしごしてやっと見つけた」「本当に出たの?」みたいな書き込みをネットで多くみかけました。
幸いにも私は場所が首都圏に近かったおかげか、発売日に行った1軒目のコンビニで確保できたのですが、地方では郵送関係による発売日の遅延も手伝って入手のハードルは更に高かったみたいです。もしかすると都市部のコンビニで売れ残り返本された裏で、地方では1冊たりとも入荷していない書店やコンビニが沢山あったのかもしれません。


そんな大人の事情のせいで現物がなかなか手に入らないとなると、もはや定番となった*第3の購入方法、ネットオークションをフルに活用したくなるのが人情というもの。 試しに私も検索してみました。
すると驚くべき検索結果が・・・・・・・

*第1:直接購入(店頭) 第2:通販購入(アマゾン等) 第3:ネットオークション購入(ヤフオク等) 最近は2と3が逆かもしれません

現在のヤフーオークション出品状況
10月9日現在で相場は定価の2倍あたりか。 恐ろしいことに発売後1週間で4000円超えなんてプレミアがついてたりするケースも。 過去1ヶ月の落札履歴を確認すると、これが本当に9/25に発売された月刊誌なのか?としか思えない高騰ぶり(10/9現在で平均落札価格2500円くらい)です。 先週ならまだ近所のセブンイレブンに1冊残ってたから、今更ながら買っておけばよかった(爆)
でもさすがに出品が多くなり過ぎて、ここ数日で値は下がり始めたみたいですけどね。

というわけで、そんなに売れないだろうと判断して版元が部数を絞った効果で、予想外のプレミアがついてしまったYSスペシャルですが、その第2号の発売は10月25日頃となっています。 2号も1号と同じくそう数は出ないでしょうから、今回入手に苦労された方は、今のうちから大きな書店へ予約注文しておいた方がいいかもしれません。各地からの予約がまとまった数あれば、少しは地方等へまわす部数を増やしてくれるかもしれないですしね。

ネットオークション一括落札相場統計検索サイト 無料テンプレート 詐欺対策 オークション出品



PS:
アオイホノオは次号で復活するのに、同じシリーズ連載だった(はずの)遊星ベイビーは一体どこへ・・・ 少なくともアイドルAよりは最近まで掲載されてたのに、休刊のお知らせでも完全になかったことにされてて、密かにファンだった私は涙目です(ToT)
posted by acj@管理人 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20850939

この記事へのトラックバック