2008年11月04日

T34vsTigerを購入する

2008年10月17日発売!

WWII Battle Tanks T-34 vs Tiger

実はこのゲーム、2年位前に開発中のリリースがあってから密かに期待していました。 登場兵器が「T34 vs Tiger」しかも「1944年夏のロシア軍大攻勢"バグラチオン作戦"」が舞台という、WWII戦車ファンにはたまらない設定。 IL-2シュトルモビクといい、最近のロシア発のシミュレーションゲーム(SLG)は渋いものが多くて嬉しくなりますな。 同社からは今月中旬に1942年のブラウ作戦を扱ったゲームも出るらしいですし、しばらく目の離せない状況が続きそうです。

さて、この"T34 vs Tiger"ですが、欧米での発売と同時に…というわけにはいかなかったものの、今月になって国内の輸入ショップからパッケージ版を無事購入〜インストールして起動することが出来ました。

T34vsTiger

まずは当然!ドイツ軍でキャンペーンをプレイです。
プレイヤーが操作出来る戦車はTigerとT34/85しかありませんが、勿論その他の戦車や装甲車も登場してゲームを盛り上げてくれます。 英語版なので例によって最初のゲーム設定等で少し戸惑いますが、なんとかキー割り当て等の設定を完了、早速ミッション1をスタートです。

戦車の操作はドライバー・砲手・車長の3ポジションから選択可能です。 Tigerは5人乗りですが、通信手は最初からなし?(車体の前方機銃が自動発砲するかは不明)で、装填手は基本自動装填(弾の種類の指定とリロードは指示出来る)のようです。
操作系は基本的にキーボードとマウスでOK、ジョイスティックはまだ使っていないのですが、これにもキー割り当ては可能のようです。 キーボードの場合は運転・砲塔旋回・マップ操作等、各ポジションの操作ごとにキー割り当てが独立しているので、運転でW-A-D-S & ギア操作に↑↓、砲塔旋回に8-4-6-2と数字キー、マップ操作にP-L-;->と、これにマウスでのスクロール操作も加わり、ポジションごとにメインで指を置くホームポジションが変わるせいで、慣れるまで軽く混乱します。 加えて3つのポジションから視点切り替えを行うと、それぞれ見える位置が異なるので、それを把握して一瞬のうちに照準視点やドライバー視点へ切り替えるのにもかなりの慣れが必要かと思います。
このあたり、昔プレイしたMMO「WW2ONLINE」のように、戦車の操作を一系統でまとめて欲しかったところです。 でもまぁキー割り当てが3分割してるおかげで、砲手視点のまま戦車の移動をドライバーに細かく指示出来たりもするのですが… 同時操作にはかなりの修練が必要だけど(笑) ちなみに自分の担当しない残り2つのポジションはAIに担当させることも可能です。 下手をするとAI砲手の方が自分で撃つより上手かったりする罠(笑)

とりあえず、この独特の操作方法に慣れるまでは、車体の角度を昼飯の方向へ〜とか行動する以前に、移動〜停止〜射撃の基本動作すらスムーズに行うのが困難なはずです。


ミッション1の対戦車戦
真っ直ぐ進むと谷を挟んで戦車同士の打ち合いになります。 最初だけあって練習ミッションみたいなものだから、丘の上で戦車を停止させ落ち着いて砲手視点で狙いをつけ撃てば、まず負けることはありません。 むしろ厄介なのは戦車より2台いる対戦車砲ですか… 弾頭が重く弾道が山なりになる榴弾を、小さな目標に当てる方が難しいかもしれません。
AIの操る戦車は一応、攻撃を受けたら車体を正面に向けるなどの基本的戦術を使ってきますが、どうやらミッションごとにあらかじめ移動ルート等が決まってるみたいで、同じミッションを複数回繰り返しても同じルートを同じ数の戦車が進んできます。 なので1度覚えてしまうと敵出現ルートが記憶出来てしまう罠(注:現時点で4面しかクリアしてませんが) このあたり、戦況によってAIが独自の思考ルーチンで移動を決定しているわけではなさそうです。
これは味方ユニットにも言えることで、ゲーム内で自戦車以外は移動などの指示を味方に対して出すことは出来ません。 どうやらこちらの移動地点等によって、機械的に決められたルートを辿るだけのようです。
ゲームにはネットを使ったマルチプレイもついてるので、このへんの物足りなさはマルチの人vs人で遊んでくださいということか…。開発元が今後マルチ環境を充実させるつもりがあるかわかりませんが、長く遊ぶとしたらシングルミッションではすぐ飽きると思うので、今後マルチにどれだけ人が集まってくるか… その点が長く遊べるかどうかの肝になりそうです。


ミッション3か4、砲手視点で3台のT34と接近戦。
T34の傾斜装甲侮りがたし! 至近距離からの88mm直撃でも、当たり所が悪ければ余裕で弾かれます(笑) それにしてもこのゲーム、シミュレーションだけあって敵にヒットさせてもスコアが表示されるわけでもなく、相手が死んだかどうか見た目からわからない時があるのが結構怖いです。 弾薬庫に命中して派手に砲塔が吹き飛ぶなんてのはむしろ珍しいくらいで、大抵は地味にモクモクと煙が上がるだけ。乗員だけを殺傷した場合は煙すらも出ないので、見た感じ死んでるのかわからず、死んだ戦車相手に警戒し続けたり無駄弾を撃ってしまうこともあります。
ちなみに砲手の操作をAIに任せると、ビジュアルに関係なく敵の死亡判定が即座に行われるので、命中して死ねばすぐに砲撃を停止するか次の目標へと躊躇なく砲を旋回してくれます(笑)


距離500mで正面からガチ殴り合い(笑)
正直T34/85硬いWWW 傾斜装甲の効果が存分に発揮されています。 こちらが被弾すると照準視点から外れる仕様は、WW2ONLINEにはなかった良い効果ですね。
画面右下の砲弾アイコンを見て、緑なら装填済で黄なら装填中ですが、台詞の音声が単音なので車長が喋ってる最中は装填手の音声が流れず、実際の行動と音声にタイムラグが発生します。 このあたりはステレオを利用して、左から車長が、右から装填手がといった風に同時再生出来てもよかったかなと思います。 実車の車内通信がステレオだったかどうかは知りませんけれどね。


とまぁ、買って2日目のファーストインプレッションはこのくらいかな。 ミッションが進むと敵の大攻勢から一握りの味方で村を守ったり… 正面からSU85突撃砲が遠距離砲撃、側面から猛スピードでT34が村へ突っ込んでくるのをTigerと数台のIV号戦車で防衛とか、末期戦のソ連戦車の物量攻撃の恐怖を味わいたいマニアな方にはとにかくオススメのゲームです。

最後に〜
宣伝というわけでははないのですが、私が購入したパッケージ販売してる国内の輸入業者はこちら。 下のAmazonも、どうやら同じルートでの代理販売のようですな。




PS:
現時点での不満点は、戦闘中になぜか勝手にドライバーポジションのAIスイッチが切れることがあること。 たまにエンジンをかけRPMを上げてギアチェンジしても戦車が動かなくなること…くらいかな。 あと上にも書いた車内音声が多重再生されない仕様(その1〜2秒の遅延が時として生死を分けることも…)とか、AI砲手に対して何を攻撃するかだけでなく、何で攻撃するかまで指示を出せるようにして欲しい(AIは対戦車砲にやたらMGだけを撃ちまくる)とか、各種砲弾の信管設定を指示出来るようにして欲しいとか、ちょっと気になる細かい点がいくつかあるくらいですかねぇ。
posted by acj@管理人 at 20:38| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
このゲーム、シングルミッションが少ないとかバグが多いやらで海外での評価はいまいちみたいですね。
あと、マルチもIPアドレスを直接入力するタイプでこれもマイナス評価になってます。
Posted by mecht at 2008年11月09日 18:35
確かに、結構前から開発情報が出てて期待させてくれた割には、出てきたものはイマイチ細部の作りこみが甘いというか。戦場の雰囲気はいい感じなだけに、実に勿体無いです。
今後、公式パッチや有志によるMODや追加ミッションがどれだけ出るか、ですね。 それにはまず売れてくれないと…

とりあえず今は、この後発売されるSteelFuryも購入してメーカーを買い支えることくらいかな、自分に出来ることは。
Posted by acj@管理人 at 2008年11月13日 09:29
このゲームの最近の評価を教えてください。(バグ対策とかマルチとか)
憧れのTigerに乗って戦う感覚を少しでも味わうことが出来るのなら安いと思いますが・・・。
Posted by macchan at 2010年01月21日 12:43
確認している限り新パッチも出てこないですし、残念ながら既に終わったゲームにされてるみたいです。同ジャンルのゲームだと1942年の東部戦線を扱ったSteel Furyの方が、アンオフィシャルも含めてパッチも出てますし、このシリーズ独特の雰囲気を楽しみたいのなら、そちらを買う方をおすすめします。

その他、管理人が知る限りでTigerで雰囲気を楽しめそうなゲームを1つ薦めるとしたら、ネットの課金ゲームですがWWII Online Battleground Europeを挙げます。 海外製で日本語で紹介したHPやWikiなどもほとんどなく、初心者が手探り状態から始めるには敷居が「かなり」高いのが難点ですが…。
Posted by acj@管理人 at 2010年01月22日 12:45
Steel Furyゲーム、YOU TUBEで確認しました。
なるほど、すごくリアルです。
時代設定からパンターやタイガー等は見当たらないようですね。
また乗り込めるのはロシア側のみか・・・。
早速の返信、ありがとうございます。
Posted by macchan at 2010年01月23日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22412820

この記事へのトラックバック