2013年04月11日

写真集を買う

先月、横須賀・三浦の昭和時代に撮影された写真を広く集めて編集した横須賀・三浦の昭和という書籍が限定2,000部で販売されたことを聞き、とりあえず似たような趣旨の同人誌を作ってみたいと検討中だったこともあり、参考資料として1部購入してみました。 刊行記念特価とはいえ9,990円の出費はちょっと痛かった…
横須賀・三浦の昭和.jpg
ざっと内容を見てみたところ〜
A4サイズのページ数280で掲載写真数は約600、だいたい1ページに2枚ずつ写真が掲載されているので、写真自体のサイズが大きく見る資料としては及第点をクリアしているでしょうか。 地元郷土史家に発注したという写真解説は多くもなく少なくもなく、集合写真のような個人写真なども多数掲載していることもあり、全体的にあまり突っ込んだところまでの記述はありませんが、撮影年代や場所のキャプションはすべてに(わかる範囲で)しっかり記載してあるので、読む資料としてもそれなりに使えそうな感じです。
ただ残念なのは掲載写真の多くが昭和30年代〜昭和40年代以降のもので、昭和20年代以前は日本人のカメラ所有率自体が低かったせいでしょう、戦後〜昭和20年代の写真の中には米国公文書館や市役所から貸し出された写真も含まれています。 さらに昭和1桁の戦前・戦中になると、三浦半島全土に施かれた要塞地帯法の影響もあり掲載数はもっと少なくなるようで、280ページのうち50〜60ページほどが戦前〜戦中に割り当てられていますが、 地形や軍施設が写り込まない背景のない集合写真の割合が多くなります。 これは市役所が刊行している写真集なども同じで、自由な写真撮影が規制された状況下では仕方のないことと思って諦めるしかありません。
あとは予算の都合もあるのでしょうけれど、昭和40年代以降のカラーとおぼしき写真もすべてモノクロで掲載されてしまっているのが勿体無かったと思いました。(カラーは巻頭8ページのみ) 
 
ともあれこの写真集、お値段少々高めなもののまとまった数の様々な年代や場所の写真が見れる資料として、手元に1冊持っておいても損はないでしょう。 惜しむらくは写真と一緒に地図を併載して、どのあたりで撮影されたか目で見てすぐわかるようになっていれば、地元の人以外が購入しても楽しめる本になったと思いましたが、この点はいつか自分で同人誌を出すときに考慮してみたいですね。
posted by acj@管理人 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 横須賀の歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64749696

この記事へのトラックバック