2013年04月25日

横須賀の今と昔(11) 文化会館の見える高台

今日はちょうど3年前のこの日(2010/4/25)に現地で撮影場所を特定した記念?として、その時の元ネタの1枚を選んでみました。

文化会館1.jpg
撮影年代は1970年前後、一見するとなんの変哲もない丘の上から撮影した住宅の風景ですが、これはおおよその場所はわかっていたものの、正確な撮影場所を特定するのに結構てこずった1枚でした。 古い写真から今と昔の撮影場所を探すのが困難〜迷宮入りとなるのは、実はこういう「なんの変哲もない」写真が圧倒的に多く、特に日本では山の形や住宅はたった四半世紀で大きく姿を変えることがあるため、地図(航空写真)上から大まかな位置を推定することすら困難になることがあります。
幸い、この写真には中央の奥に今と撮影日を繋ぐ特徴的な建造物があったため、今回はそれを目印に撮影場所を探すことが出来ました。

文化会館3.jpg
目印のアップ
これは深田台にある横須賀市文化会館で、増改築は行われてるものの建物自体は今も変わらぬ姿で残っています。 特にわかりやすい特徴が右側の5本の柱の部分で、この柱の見える角度から大体の撮影方向が地図上で絞り込める可能性が高そうです。


まず地図で確認したところ、右の建物の屋上にある灰色っぽい部分が柱の部分で、そこから左に線を引き塗りつぶしたおおよそ三角の範囲が撮影方向ということはわかりました。 ここまでわかれば、あとは地図上で地形のあたりをつけて確認するだけなのですが… 候補地となりそうな場所の大半は、細い路地や丘の上でGoogleのストリートビュー未対応になるため、直接現地へ行きこの目で確かめるしかありません。


そこで、まずは文化会館が一望できる高く見晴らしのよい場所を探しつつ北側から確認していきますが〜

文化会館5.jpg
ここはやはり建物の見える角度が左過ぎて、撮影場所はずっと南(地図では下)だったことがわかります。


それでは、先ほどの地点より南へ下って、次はうわまち病院横の坂道から文化会館の方向を見てみました。 実はここまで下りて来る途中、はまゆう公園や横須賀市立図書館の付近も数箇所確認したのですが、どこも文化会館を一望できる場所がなかったので省略しています。

文化会館6.jpg
柱の角度は写真と一致するので、どうやらこのあたりの方向から撮影したのは間違いないようです。 が、この位置だと文化会館の距離が近すぎるため、実際の撮影場所はもっと離れていたと思われます。
*ちなみに最初の調査はここで時間切れとなり、帰宅して地図の再確認〜後日再び現地へ行きなおしてます。


先のうわまち病院の地点から角度そのまま、左方向へ距離をとっていくと〜


トタン屋根の色こそ違いますが、写真手前の赤い屋根とよく似た家を1軒発見しました。 地理的にも丘…というか山でしょうか、かなり見晴らしの良い高台みたいですが、当然ストリートビューの範囲外。 現地へ直接行ってこの目で確かめるしかありません。

というわけで後日(それが3年前の今日!)、この場所にあたりをつけて行ってきました。

文化会館2.jpg
家が建ち並びだいぶ変わってしまいましたが、写真と見える景色の構図はそっくりです。

文化会館4.jpg
手前に新しく家が建っていたため正確な撮影場所に合わせることは出来ませんでしたが、文化会館の角度・距離もほぼ一致、どうやら40数年前の撮影場所はここで間違いないようです。 なにより手前のトタン屋根の家がほぼそのまま残っていたのは幸運でした。 これがなければ特定にはもう少し時間が掛かったことでしょう。

しかし撮影しに来てあらためて思ったのですが、写真の元所有者の米兵は何の目的があってこんな高台までやって来たのでしょう。 米軍の施設が近くにあるわけでもなく、街からも離れたこんな場所ですからふらりと観光で立ち寄るとも思えませんし… 位置を突き止めたらさらに謎が生まれてしまったという感じがしますね。

文化会館7.jpg
この場所に半世紀前なにかがあったのか…

posted by acj@管理人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 横須賀の歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65539603

この記事へのトラックバック