2014年03月21日

75年ぶりに長門應援歌成る!!

歌へ!!いざ声高らかに・・・・・・

長門 応援歌.jpg
長門應援歌(昭和14年) 作曲:第1艦隊軍楽隊

去年からの艦これブームで、戦艦大和や金剛の艦歌が脚光を浴びてる最近ですが……。 実はこの艦歌というジャンル、CDやレコードで数多く残る帝国海軍の軍歌や行進曲とは違い、軍艦の乗組員が内輪で歌う楽曲だったためか、現存しているオリジナルの楽譜や録音が非常に少なく、今も謎の多いジャンルだったりします。
例えば、私が所蔵している長門の艦内新聞にも、歌詞のみ掲載されているページが複数あるのですが、これもおそらく乗組員の中で口伝されていた旋律があったのでしょう。 その大半は式典で軍楽隊が演奏する曲でもなく、おそらく楽曲の管理もそれぞれの艦でされていたため、戦没等で艦を喪失した際に譜面や書類も失われてしまったのだと思われます。

今回、75年ぶりにそのメロディーが甦った長門應援歌は、たまたま艦内新聞の編集員が五線譜つきで掲載してくれたおかげで、現代の音源で復活演奏が可能になりました。 この應援歌は、短艇競技会の応援で歌うために作られたようで、作曲が第1艦隊軍楽隊となっているため、ひょっとすると吹奏パート譜がどこか別の場所に残されているかもしれないですね。

というわけで、ラッパの伴奏による應援歌をMidi音源で再現してみました。


前奏:トトトト  トタテチ  タタタタ  タトテチ
ワレヒッ ショウノ〜 イキニ  ミチ〜
ワレタイ ショウノ〜 ネツニ  モユ〜
ナガト  ナガト   ワガナガ ト ヒッ
ショ〜  〜ムテ〜  キ〜   〜 ワガ
ナ〜   ガ〜    ト〜   〜

************

原曲がラッパの伴奏のみなので、私の方で軽くオーケストレーションを加えて、勇壮な感じに仕上げてみました。 ただし、曲自体は公式行事や式典で歌うようなものではないため、実際の演奏は譜面の通り……乗組員達の歌にラッパが伴奏をつける程度だったと思います。

GM音列準拠のMidiファイルも置いておきますので、もし興味のある方は音源を替えて演奏してみるとか、私のような素人アレンジでなく、きちんとした楽曲に仕上げてみるのも面白いかと思います。
長門 応援歌 rev2.mid

2014/4/18 音源データを差し替え
posted by acj@管理人 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事・歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91046356

この記事へのトラックバック