2014年03月08日

企画展「よみがえるあの時の横須賀」を見に行く

よみがえるあの時の横須賀.jpg
3月5日から11日まで、横須賀さいか屋6階ギャラリーで催されている企画展「よみがえるあの時の横須賀」を見てきました。 企画展の開催中にこの記事を書いてるので、もしかすると足を運ぶ前にネットで参照する方がいるかもしれないので、展示内容について個人的な感想を踏まえて少し触れたいと思います。

まずこの企画展ですが「あの時の横須賀〜」のあの時とは、明治〜戦前にかけての横須賀のことを指しています。 なので50〜80代の方が実際に暮らしていた、昭和(戦後)の懐かしい横須賀の街並みの写真などを期待して見に行くと、少々肩透かしを食らうかもしれません。 展示写真の大半は、大半の見学者が生まれる前の、明治後期から昭和初期にかけて民間発行された絵葉書をパネルにしたもので、これらの約半数は地元収集家の久保木実氏のコレクションから使用しているようです。 また明治期から戦前にかけての横須賀ということで、網羅している地区は横須賀中央を中心とした平坂・米が浜〜小川町・大滝町、ドブ板通り〜汐入〜JR横須賀駅の周辺に限定され、残念ながらそれ以外の地区については殆ど触れていません。
これら地区の旧町名時代から、合併して現在の町名に至るまでの歴史を、町ごとに分けて解説と絵葉書で展示して、他には横須賀駅やEMクラブ(旧下士官兵集会所)の写真と絵葉書、さいか屋店舗の移り変わりが展示されていました。いずれも写真(絵葉書)は明治〜大正にかけてが中心です。


ここからは個人的な感想ですが、私がこの企画展で最大の目玉だと思ったのは、戦前発行された横須賀市明細地図が2点(大正10年・昭和7年)展示されていたことでしょうか。
横須賀市の地図_大正.jpg
画像は私が所蔵する大正10年版
この2点の明細地図は、当時の横須賀市内の商店の名前・業種と位置を地図と職種別の一覧図で網羅した職業別電話帳の地図版みたいなもので、私も大正の地図は持っていたのですが、昭和のものは資料でしか見たことがなく、今回原寸大でじっくり見ることが出来て、色々と発見することが出来ました。中でも以前記事にした、旭野食堂が以前は和久屋という名前で昭和7年版の地図に記載されていたことにより、未確認情報がある程度年代まで絞り込めたのは収穫でした。 これら明細図は、普通の写真展ではまず出てこない代物なので、正直この2点を見に行くだけでも個人的には企画展へ足を運ぶ価値があると思います。

そういえば大正10年版の明細地図ですが〜
矢島 川嶋 大正期.jpg
画像のように、私の所蔵する地図上には特定の区画に筆で赤く囲いがされていて、これは元所有者が何かに利用する際に目印として書き込んだものと思っていました。 しかし今回の展示を見ると、久保木氏所蔵の同地図にも全く同じ赤い囲いが直接書き込まれており、どうやら発行者が何かの意図で書いたものらしいことが判明しました。 しかしその意図については、企画展にいた学芸員?の方に伺ってもわからないとのこと、ますます謎が深まりました…。

写真については、ぶっちゃけ畠山発行の絵葉書からのパネルは、すでに久保木氏の著書「絵葉書が語る三浦半島の100年」を持っていたりするので、それほど目新しさはなかったのですが、中で1つ…これもおそらく絵葉書でしょうが国鉄横須賀駅の初代駅舎を撮影した写真が目を引きました。 実は私も冬コミケの新刊で同駅舎を取り上げたのですが、その時は鮮明な写真が見つからなかっただけに、この絵葉書の存在にはちょっと驚きました。 初代駅舎の写真は、2代目駅舎に比べると極端に数が少ないため、私はこれが見れただけでも大満足でした。


以上のようにこの企画展、私みたいな戦前の特定された商店探しや、関東大震災前後の町の区画の移り変わりなど、マニアックな歴史を調べてるようなオタクには見応えのある展示かもしれません。 ただ私はそれで満足なのですが、もし普通に自分達が生きてきた、昭和の懐かしい横須賀の情景写真を期待して見に来た方が、今とあまりに違う明治や大正の絵葉書が大半の展示を見てどういう印象を受けるのかは、自分がマニアなだけにいまいちピンとこないですね。
posted by acj@管理人 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月29日

江の島で定点撮影

今月初めにデジカメを買い換えました。 CanonのA620からSX-130IS(中古)と、同じPowershotで操作系統は似ていますが、700>1200万画素に光学4>12倍ズームと、4年ぶりの買い替えとなるとやはり機能の桁がひと回りは違ってきますね。 先日、そのカメラで何か綺麗な景色を撮影してみたいと思い、ちょっと遠出して江の島を撮影してみました。

江ノ島2.jpg
稲村ケ崎から江の島〜富士山方向に向けて撮影。
冬の晴天で雲のほとんどない絶好の撮影条件なせいか、この日は私の他にもカメラで撮影しているお仲間?が何人かいました。

江ノ島2a.jpg
光学10倍くらい。空気が澄んでいるので、遠距離でも島の輪郭がくっきり写ってくれます。

江ノ島2b.jpg
さらにデジタル補正で最大望遠をかけてみましたが、やはりある程度の画像が崩れてしまうみたいです。 普通に使っていて、ここまでデジタルでズームすることは滅多にないでしょうが、双眼鏡代わりに遠くの建物や看板などを確認するのには使えそうです。

というわけで、今日の記事は終わり〜 と、デジカメ素人の感想だけで終わってしまってはあまりにもつまらないので、ここからちょっと60年ほど前にタイムスリップしてみましょう。

江ノ島1.jpg
当時の日本製フィルムで、なおかつポジ原版の退色と痛みが著しいため、カラー補正をかけても元の色は戻ってこなかったのですが、1960年代後半の江の島です。 撮影場所は湘南白百合学園あたりの高台でしょうか…今現在Googleマップで航空写真を見ても普通の住宅街と学校しか見えませんが、宅地造成される前は小さな山だったようです。

この日は、せっかくなのでストックの中にあった江の島の写真と同じ撮影場所へ行ってみようと、夕方から江の島へ上陸してみました。

江ノ島5a.jpg
まず定番の鳥居です。 なんでも19世紀始めに建てられた由緒ある鳥居だそうで、明治期の鶏卵写真でも同じ構図で撮ったものがいくつか残されていたりします。

江ノ島5.jpg
ほんの50〜60年ほど前はこんな感じでした。 建物は換わっても鳥居の位置はそのままなので、鳥居を定点にすればおおよそ同じ写真が撮れるのですが、 カメラレンズの違いはどうにもならないとして、この時はうっかり当時の撮影者と自分の背丈の差を考慮し忘れてしまいました。 上写真は、もう少し低い位置から撮っていたみたいです。

江ノ島4a.jpg
江の島灯台(シーキャンドル)から大橋方向を撮影、展望台に着いたら太陽が隠れる寸前だったので、日中の明るい景色が撮影出来なかったのが残念でしょうか…

江ノ島4.jpg
これもおそらく1950年代の撮影。 2003年に建て替えられたシーキャンドルとは位置や高さが異なるため、全く同じ条件にはなりませんが、半世紀でどれだけ景色が一変したのかよくわかると思います。 上で書いた湘南白百合学園あたりが、ちょうど宅地造成で切り崩され始めてるようですね。

江ノ島7.jpg
そして展望台からの富士山(手前は烏帽子岩) 1月14日の大雪の影響で、富士山のかなり下の方まで真っ白に彩られていました。

江ノ島8.jpg
場所は違いますが、1960年代の相模湾から望む富士山です。 彼方に広がる湘南海岸のラインは今よりずっと暗く静かだったようです。


最後におまけ
江ノ島6.jpg
報道でもおなじみのあの場所、私が訪れた日も沢山の丸々とした猫が周辺を徘徊していました。
posted by acj@管理人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月14日

映画館の思い出

これは前にも日記で書いたかな?
かつて横須賀中央にあったヨコビル映画街、5〜6階に横須賀劇場、4階に有楽座・名画座・プラ座・スカラ座、1〜3階は丸井の別館(実はこちらが先で、かわしまの場所の丸井の方が後から建てられた。)でした。 私もレンタルビデオが普及する以前、学生時代には家族や友達と色々な映画を見に行った、思い出の場所の1つです。

そんなかつての映画館の名残を今に伝える数少ない場所の1つが、去年の暮れにひっそりと姿を消していました。

看板跡 02.jpg

場所は衣笠十字路近くのファミリーマート横、更地となった道路脇のここには、かつて2つの民家が建っていました。

看板跡 01.jpg

どちらもだいぶ前から人は住んでいなかったようで、取り壊されるのは時間の問題と思い2年ほど前に写真で残していたのですが、この時点で左の建物(1階がゴミ置き場のような物置状態だった)は火事で焼けてしまい、黒焦げの廃墟となって取り壊されたばかりでした。

看板跡 03.jpg

家屋の取り壊しにより、歩道脇に捨て置かれたかつての映画館の案内板も永久に姿を消しました。

最近道を歩いていると、昔からそこにあった古い商店や住宅が取り壊される現場に遭遇する機会が多くなった気がします。 それらは昭和30年代に建てられたとして、今頃がちょうど建物の老朽化・家主の高齢化や死去・土地家屋の相続などの時期に重なっているのでしょう。
posted by acj@管理人 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月17日

GV-MVP/XS2WでDVD-RWにダビングすると…

XS2W_1.jpg

XS2W_2.jpg

上のキャプチャー画面は、mAgicTV GT(v5.11)でDR録画した番組を「エクスポート>DVDへのダビング(コピー/ムーブ) 画質XP」でDVD-RWへコピー、PowerDVD等のプレイヤーで再生した時のものですが、大きく画面が動くシーンやシーンの切り替えで、かなり頻繁にブロックノイズ状の汚れが混入されます。
うちではDVD-RWにコピーしたほぼすべての動画ファイルにこのようなノイズが混入されるため、GV-MVP/XS2Wを使用したDVDへのダビング機能は使わなくなってしまいました。 ちなみに何枚かDVD-RWメディアを替えて焼いても、外付けなど違うDVDドライブで焼いても状況は改善されず、さらにHS3やHX2で使用していたノーマルmAgicTV(v4.17)で録画〜ダビングしても同じ結果でした。

XS2W_3.jpg

それにしても、これだけ目立つノイズが混入されているのに、ネット上ではこの手の報告をほとんど聞かないので、もしかするとこれってうちだけで起きている現象なのか? それともDR以外のモードで録画すればHS3やHX2と同じように問題なくダビング出来るのか?
正直よくわからなかったりしますが、とりあえず録画したファイルをmAgicTVで見る分には問題なく、BDへのダビング(Linear)ならノイズは発生しないので、今は記録メディアをBDに移行して回避しています。

でも、もういいかげんIO-DATAの呪縛から逃れたい気もする今日この頃…

posted by acj@管理人 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月13日

TOKYO-MXの番組を録画失敗する件(3)

2014年4月から、TOKYO-MXが24時間のマルチチャンネル編成となり、ここに書いたMXのマルチ〜シングル切り替え現象は、過去の情報となりました。公式発表PDF



今回の記事は当方も検証中の回避方法なので、不確定な情報ということを念頭にお読みください。

前回
書いた記事で、IO-DATAのGV-MVP/H・Xシリーズで東京MXのマルチ編成>シングル編成への切り替わり検出で録画ファイルが壊れる応急対策として、手動で回避する方法を紹介しましたが、この方法は録画開始前に予約マージンを0秒にしたり、あらかじめ録画時間の補正・変更のチェックをOffにしなければならず、急な番組編成の変更があった場合に対処出来ないリスクがありました。
そしてなにより致命的なのは、この方法だともし同時間帯にTVKなどで番組録画が重なった時にそれらもすべて予約マージン0秒の録画開始になってしまう〜という事態が発生してしまうことでした。

というわけで、今回はソフトの設定・操作よりももっと根本的なところで回避策を探してみました。

以下の検証はWindows7 64bitのPCで、GV-MVP/XS2WとmAgicTV Digital GT(ver5.11)を使用して行っています。



まず、録画時間の補正・変更のチェックをOnにして予約録画を実行するとどうなるのか・・・ mAgicTV GTのログを見ると〜

> 2012/10/XX XX:59:14 [準備中] [I-O DATA GV-MVP/XSW][XXXXXX] マルチ編成の切り替わりを検出しました。マージンは使用できません。
> 2012/10/XX XX:59:14 マージンが変更されました。 0 → -3

このように予約マージンの数字を0秒にしてあっても-3秒に強制変更させられてしまうわけですが、もし-3秒を0秒に近づけることが可能なら、通常録画のまま前回紹介した回避策と同様の-1秒録画が自動で出来ることになるのではないか?ということに思い当たりました。
それでは、この-3秒という数値はmAgicTVのどこで設定されているのか・・・ その答えは、レジストリエディタで以下のディレクトリを探すとあっさり出てきました。
HKEY_USERS\S-1-5-21-XXXX-XXXX-XXXX-XXX\Software\I-O DATA\MontBlanc\Manager
注:XXXXの部分はユーザー毎に異なる固有の数値

ManagerディレクトリにあるDontuseMarginValueの値のデータが、「Don't Use Margin Value」の通り強制マージンの値(秒数)を設定しているので、mAgicTV関連のプログラムを終了した状態でレジストリエディタを起動、デフォルトの値のデータfffffffd(-3)を以下のように書き換えればマージンの秒数を縮めることが出来るようです。
ffffffff -1秒
fffffffe -2秒
fffffffd -3秒(デフォルト値)

レジストリの変更はシステムやソフトが起動しなくなる等の高いリスクを伴うため、くれぐれも自己責任にて行ってください。 具体的な書き換え方法等の質問は一切受付けませんので、よくわからない場合は手を出すのを控えてください。
なお、この件でIO-DATAに問い合わせることはお止めください。


任意の数値による書き換えが終わったら、念のためPCを再起動させてレジストリの値が書き換わっているか再度チェック。 あとは通常の番組のように録画予約をするだけで、mAgicTVが勝手に切り替わりを検出して、マージンを設定した秒数に書き換えてくれます。
ただし今度は、予約時に「予約実行時に自動で録画時間を補正・変更する」のチェックをONにしておかないと、強制マージンが発動しないので注意してください。

> 2012/10/XX XX:29:12 [準備中] [I-O DATA GV-MVP/XSW][XXXXXX] マルチ編成の切り替わりを検出しました。マージンは使用できません。
> 2012/10/XX XX:29:12 マージンが変更されました。 10 → -1

レジストリの値を-1に書き換えて試してみたところ、ログ上でも予約マージン10秒が-1秒に変更されたのを確認、冒頭1秒ほどが切れるものの録画ファイルに切り替え信号が入らず正常再生されました。

現時点での未検証事項

1:「電源と時刻の管理」-「時刻補正」から「TV起動時や録画開始時に放送波による時刻補正を行う」のチェックをOn・Offでの動作の違い。
時刻補正のチェックOnにした状態で2回試したところ、いずれも-1秒遅れで録画開始されましたが、PC内蔵時計はntpサーバで補正する時刻と比べて2〜4秒の遅れが生じるようです。 そのためOnとOffで実際どのくらい頭が切れているのか、確実なデータを得るには更なる比較・検証が必要でしょう。
2:16進数の値を0(0秒)にした場合はどうなるか?
数値を0(0秒)にするとマージンも0になり0秒で録画開始されるようです。

マージン変更の初期値が-3秒と長めにとってあるのは、おそらく放送波の時刻補正やPC内蔵時計の誤差を考慮して余裕を持たせた、頭切れより確実に録画成功させる方を優先させた設定値と思われます。 そのため、レジストリの書き換えで数値を低くしたことにより、録画失敗のリスクが高まるであろうことを念頭に置いた上で、書き換えはくれぐれも慎重に自己責任で行ってください。
posted by acj@管理人 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記