2012年05月15日

TOKYO-MXの番組を録画失敗する件

2014年4月から、TOKYO-MXが24時間のマルチチャンネル編成となり、ここに書いたMXのマルチ〜シングル切り替え現象は、過去の情報となりました。公式発表PDF


昨年からうちの地域のケーブルテレビがTOKYO-MXと放送大学の地デジに対応したので、それまでTVKメインだった深夜アニメの録画がMXでも出来るようになりました。

うちは地デジ放送をIO-DATA製のGV-MVP/HX2とGV-MVP/HS3の2枚挿しでPC録画していまして、それまでのTVKと民放の番組は特に問題なく録画出来ていたのですが・・・。 昨年秋頃からMXで録画予約した番組だけに、スライダーバーで早送りすると音声が消えて頭出しが上手くいかなかったり、録画予約が番組開始時間きっちりに始まらず数秒遅れて冒頭部分が数秒切れたり、出来上がった録画ファイルがDVD-RWにコピー・ムーブ出来なかったりと、一部番組の録画で致命的な不具合が発生するようになりました。

まず結論から言うとこの現象はPCやキャプチャボードの不具合ではなく、どうもMXがメイン(S1:091ch)とサブ(S2:092ch)の2チャンネル放送した直後に発生するようで、2チャンネル放送の次番組が1チャンネル放送となる際に音声形式が切り替わる?らしいのですが、その切り替わりをキャプチャソフトが検出すると高確率で発生する、現時点では最新のキャプチャボードとmAgicTVを使っていても避けられない仕様のようです。 

具体的にどういう番組が起こりやすいかというと、下の番組表の「氷菓」の部分ですね。

MX_2.jpg

上のようにS1とS2の2チャンネル放送が終了して、次が1チャンネルになる番組。 今期深夜アニメだと「氷菓・ヨルムンガンド・アクセルワールド」などがこれに該当します。 ちなみに氷菓の後の「これはゾンビですか?」のような、前番組が1チャンネル放送の録画なら問題は発生しません。
このようなチャンネル切り替え時に不具合が発生するのなら、逆に1チャンネル放送から2チャンネル放送へ切り替わる時にも、何らかの不具合が発生してもおかしくないのですが、不思議なことにうちの録画環境で後が2チャンネル放送の時にファイルが壊れたことは今までありません。 ただ、過去ログを読むとこのパターンでもファイルが壊れる事例があるようなので、その場合は手動で録画終了時間を1分ほど早めておけば、音声切り替えの検出を回避出来るらしく不具合は発生しないそうです。
とにかく、問題なのは直前が2チャンネル放送の時です。 なぜなら、後の場合は1分早めてもCMが切れるだけですが、前で1分遅らせると確実に冒頭部分が切れてしまい、番組録画として使うには致命的だからです。

この仕様でMXから録画できない場合、大抵の深夜アニメなら同じ番組をTVKから録画して回避出来るのですが、問題なのはMXでしか放映していない番組が、この魔の位置に来てしまった時です。  今期の深夜アニメだと、もし「ZETMAN」がこの位置だったら、TVK未放映のためうちの視聴環境では代替がききません。

*-*-*-*-*-*-*

この致命的な不具合という名の仕様を回避しようと、過去にWebで書き込まれた報告を調べてIO-DATAに問い合わせたり、何度もテスト録画して試行錯誤したところ、現時点でとりあえず回避する方法が見つかったので、覚え書き程度にここへ残しておきます。 ただし、うちはmAgicTV Digital 4.13&GV-MVP/HX2・GV-MVP/HS3の録画環境なので、他の環境で回避出来るかはわかりません・・・と、念のため〜

mAgicマネージャ Digital の設定画面を開き
1:「予約設定」-「予約マージン」から、予約開始を0秒に設定。
2:「電源と時刻の管理」-「時刻補正」から、 「TV起動時や録画開始時に放送波による時刻補正を行う」のチェックを外す。

とりあえずこれだけの変更で、現時点スタンバイ状態から復帰後の予約録画をして、3番組連続で魔の位置の番組を普通に録画出来ています。
PCの負荷やタイマーの誤差を考えると、予約開始を0秒にして番組開始と同時に録画を開始するのはかなり怖いのですが、幸い今のところ後から録画ファイルを再生すると3番組とも0.1〜0.5秒ほど遅れて本編が始まっていたので、かなりシビアなタイミングではありますが、ぎりぎり本編が欠けることなく収まっていました。 仮に0.5秒程度、冒頭部分が切れたところで、録画開始を1分遅らせるよりはるかにマシだと妥協するしかないでしょうね。
ちなみに予約開始の値を30秒や15秒にしておくと、高確率で音声がおかしくなりDVDへコピー・ムーブできない破損ファイルになるか、稀(うちで発生したのは過去2回だけ)に音声切り替えを検出して強制的に予約開始が-3秒となり、3秒遅れで録画開始されたファイルにされてしまいます(3秒だと確実に冒頭の数秒が切れます)。
なお、1秒未満のタイミングに加えて放送波による時刻補正のチェックを外しているので、録画前には必ずPC内蔵の時計を0.1秒単位で合わせておく必要があると思われます。 加えて更に、録画開始時に余計な負荷が掛かって遅延しないよう「バックグラウンドでEPGを更新する」のチェックも外しているので、定期的に手動で番組データ更新を行っておくのも忘れないようにしないといけません。

まだ数番組が録画成功しただけなので、これで確実に回避出来ると断言は出来ないのですが、とりあえず今期アニメはこのやり方で引き続きテストを継続してみたいと思います。

*-*-*-*-*-*-*

それにしても〜
こうして書き連ねると、なにか回避してるというより誤魔化してると書いた方が正確かも? 何時もこの方法で運良く番組冒頭が切れないという保障もないですし、放送波の時刻補正が切れているから直前で番組放送時間が変更になると対応出来なかったりと・・・ やはりIO-DATAさんには一刻も早いMX2チャンネル放送対策をして欲しいところです。10月5日追記
posted by acj@管理人 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月30日

特別展"ヨコハマ・ヨコスカ ストーリー"を見に行く

GW休みを利用して、神奈川県立歴史博物館4月21日〜6月17日の期間限定で特別展示されている"ヨコハマ・ヨコスカ ストーリー"を見に行ってきました。

ヨコハマヨコスカストーリー1.jpg
当日は天気も良く絶好の撮影日和ということで、なんとなく撮ってしまったランドマーク・タワーから1枚。

ヨコハマヨコスカストーリー2.jpg
市営地下鉄の関内駅で下車、馬車道を港に向かって歩くこと数分で目的地の旧横浜正金銀行本店の建物に到着。 この日はGWだけあって人も多く、途中の路上演奏会やアイスクリーム屋も大繁盛、これは博物館も結構人がいるかな?と思ったら、展示会場内は人もまばらで、13:30からの学芸員による展示説明会も見学者は40人くらいというところか。 おかげで館内にいた2時間近くの間、展示物やパネルをじっくりと間近で眺めることが出来ました。

特別展に出品されている資料は、著作権保護などのためすべて撮影禁止ということで、館内や展示物の写真はありません。
参考になるかわかりませんが、私が見学の目的にしていた横須賀関連の展示は、写真に関しては市発行の"占領下の横須賀"に掲載された写真や当時スーベニアで売られていた着色絵葉書(1セットは私も所有)が大半で、残念ながら目新しいものはほとんどありませんでした。 むしろどちらかというと写真以外の、戦後に書かれた横須賀市の鳥瞰絵図や映画館・キャバレーのチラシ類の展示に興味深い発見があったでしょうか。
展示物一覧については博物館HPのこちらに掲載されています。

以下、展示を見てちょっと気になった箇所など〜

P2-20 : EMクラブ遠景 昭和20年代 個人蔵
汐入の丘上からドブ板通り方面を撮影した写真ですが、EMクラブの外壁が白く、側面に鉄製の階段が取り付けられているので、ひょっとすると昭和30年代かも? 昭和28年初めの時点で外壁が濃緑色で階段がないEMクラブの写真が残っているので、20年代としてもかなり後半になると思います。 ちなみに当方で確認している最も古い白い外壁の写真は昭和31年後半のもので、EMクラブの外壁は過去に何回塗り替えられているのか知りたいところですね。

P2-14 : 横須賀駅前の「横須賀鳥瞰図」看板写真 昭和20年代 個人蔵
これは初見でした。
帰宅して手持ちの横須賀駅前の画像を確認してみたところ・・・
国鉄横須賀駅前 拡大.jpg
日陰で横向きなのではっきりしませんが、展示写真にあった看板後ろの木造家屋の位置からおそらくこれだと推測します。 駅舎を出たすぐ左側の、駅舎を向いた方向に看板は建っていたようです。 今の駅前交番左隣の駐車場入口あたりかな? 余談ですが、看板といえば駅周辺のこのあたりは、旭野食堂の方の話によると、どこぞの業者が店の看板等を無許可で勝手に立てて、後からその店に設置代金を請求するような押し売り行為もよくあったそうです。

その他、キャバレーのチラシから店名・住所と建物が確定したりと、ちらほらと新発見があったので、いずれここで書く記事に反映させたいと思います。
posted by acj@管理人 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

いまさらTwitter

ブログ右側にウィジェットがあるように、いまさらTwitterの垢を作ってみました。
フォローしたりされたりのコミュニケーションツールとしてよりは、こうしてブログにヴィジェットを貼りつければ、ちょっとした小ネタや情報を呟くのに使えるのでは?と思いつき導入してみたわけですが、140文字制限があるとはいえ画像の貼り付けやリンクタグも使えるので、意外とブログで長文を考えて切り出した画像をファイルアップロードするより簡単手軽に発信出来る情報ツールとして使えるかもしれません。
勿論、需要があればフォローしたりされたりの、本来のコミュニケーションツールとしてもTwitterを使ってみたいところですが、そうなると現在使っているMIXIとユーザーが重複することになりそうですね。

posted by acj@管理人 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月09日

裁断機が欲しい

先週の土日を使って、1月頃から買い溜めてた週刊誌や月刊誌のお気に入り漫画・記事ページを切り抜き、ドキュメントスキャナでデータ化をしていました。 1度データ化してしまえば、紙を資源ごみにだしてお部屋のスペースが空くし、PCから1発で見たい記事を取り出せたりといいことづくめなのですが…

雑誌はともかく、むしろ部屋に溜まる一方の単行本・文庫はスキャン前のバラした状態にするのが大変!

……というのが現在の最大の課題(悩み)だったりします。
雑誌はページでバラして1枚ずつカッターで切り離すものの、データ化する作品だけを選べば1冊につき30〜50P程度、月刊誌などは背表紙から簡単にむしれるので思ったほど面倒ではないのですが、問題は基本全ページ&表紙丸ごとスキャン対象のコミックス類!
まずアイロンで背表紙を温めて背表紙をむしり、そこにキッチンペーパーを当てて糊を取り除くのに3〜5分。 次に本文ページをカッターで糊の残った部分から切り離していくのだが、すべて手作業で大型の丸刃カッターを使っても1度に10P重ねくらいが限度。 1冊150〜200P前後のコミックを10〜15回に分け手作業で延々切り離し…… これで10〜20分。 定規を当てて切っていく手作業だから、斜めに切って失敗したり手が滑って怪我をする危険も0ではないリスク、しかも左手で紙を抑え右手で力を入れカッターを引くから2〜3冊もやると手…というか腕が疲れてきて、単純作業の繰り返しなせいで3冊も解体すると飽きてくる。 とてもじゃないが丸1日ずっと解体作業なんてやってられない。 おかげでドキュメントスキャナを買ったのに一向に部屋の本が減らないどころか、むしろ後から新しく買った本で部屋が狭くなっていく罠。
そんなわけで、背表紙をむしった後に糊を取らず100P単位でまとめてザックリ裁断出来る、据え置き型の裁断機が欲しい! マジで欲しい!!と、只今物色中だったりします。

ぐぐって見つけたまとめページによると、PK-513Lという裁断機がお薦めとして紹介されているが、安くても30,000円超え!ただ紙を切るためだけにこの値段を出す度胸が求められるわけですが、この手のものはケチッて安物を買うと思うように紙が綺麗に裁断出来なかったりするので、やはり金をかけてもいいものを買う必要があるのだろう。 Amazon等で商品レビューを見ると1冊20分かけた手作業部分が20秒で終わるというのはかなり魅力…… 時給換算で考えても100冊裁断すれば売値33,000円の元は十分取れそうな感じです。
既にドキュメントスキャナDR2510Cで50,000円の投資、それに加えて30,000円超えで裁断機も購入となると、もはやちょっとしたプロの世界ですね。

 

自分が購入したのはDR2510Cの方ですが、現行機だとS1500が推奨機種のようです。 どちらも一緒に購入リンクに裁断機PK-513Lがあるあたり、やはりこの組み合わせが家庭向け環境では最強のようですな。



文庫や単行本の解体は、斜めに刃を下ろす遮断機タイプではなく、これのような水平に落とす裁断タイプの方が、重ね切りの際に端がヨレたり切断面が斜めになりにくく、スキャン時の斜め読み込みを防ぐことが出来るそうな。
posted by acj@管理人 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月17日

ずっと黒猫のターン

先月購入した電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』5巻を読んで以来、自分の中でずっと黒猫のターンw 

長い黒髪が綺麗な美少女でゴスロリファッションに身を包み、一見ビジュアル系の清楚なお嬢様に見えるが、実は個人ブログの運営から自作小説の執筆や漫画描き、同人ゲームデザインといった創作活動にも精通した(かなり濃い)オタクっ娘。特に格闘・STGゲームの腕前は世界を狙えるレベルで、最近じゃプログラミング分野にまで手を広げつつある万能ぶり。作中では主役の妹(桐乃)の有り得なさ過ぎる完璧超人設定のため目立たないが、実は黒猫様もかなり有り得ないレベルの万能オタクっ娘なんですよね。
ただし、そんな孤高のオタクにありがちな空気読まない痛々しい言動や、刺々しい雰囲気オーラを纏っているせいで、周囲に上手くとけ込めず孤立してしまう。でも同じオタク趣味を語り合う仲間が欲しくて「オタクっ娘あつまれ!」サークルのメンバーに入っていたりもする寂しがりやさん。 サークルのOFF会がきっかけで同じく浮きまくってた桐乃と知り合い、お互い正反対の趣味を罵り合いながらもなぜか意気投合、桐乃との交際をきっかけに作中の割と早い段階で自分の弱さや甘えを垣間見せたりと、そのデレな要素が多くの読者の心を掴み、主役の妹を差し置いて作中のツンデレ要員の地位を(自分の中では)確立する。 5巻では妹と入れ替わりついに主役の座へと昇格、ずっと黒猫のターンとなり現在に至る〜  

とりあえずざっと書いてみた多少…いや、かなり黒猫シフトの入ったキャラクター説明だけでは、この作品の魅力は伝わらないよなぁ。 とはいってもWikiリンクをすると色々とネタバレがあるし、ここでストーリーまで触れてしまうとこれから読む楽しみを奪ってしまうし。 正直なところ1巻を読み終えた時点では沢山ある萌えツンデレ小説の1つくらいしにか認識していなくて、それを面白いと感じ始めたのが3巻あたりからなので、なおのこと後々の巻のネタバレを入れずにこの作品の魅力を書くのが難しいのです。

これから読んでみようとする場合は、手元に少なくとも3巻まで置いてから読むことを勧めます。もし1巻を読んで肌が合わなかったとしても、先に買ってしまえばそこで投げ出すこともなく読み進めようとするはずですからね(笑)


☆★☆ここから個人的な黒猫のターン☆★☆

これは創作系オタの性か、お気に入りの思い入れが強くなる作品ほど公式に提供されるものだけでは満足出来ず、挿絵等とはまた違った自分の脳内で作り上げた声やビジュアルのイメージが一人歩きを始めてしまいます。 その溢れんばかりの脳内イメージを、少ない画力で目に見える形にするのは一苦労ですが、二次創作の醍醐味でもあるわけですね。
俺妹1
自分の脳内にある黒猫様はどんな感じだろうか?と、適当にスケッチしてみるものの、どうもピッタリはまるところにこない。

俺妹2
俺妹3
長い黒髪、水●燈のような黒いゴスロリ、勝手に眼鏡属性の付加、綺麗系だがキツめの性格、、、、 現時点で描ける最も近い形はこのあたりかなぁ。 でもまだ何か足りない気がするのだが、それを絵で表現出来ないもどかしさ。 まぁ完璧な形での『黒猫様は挿絵師…でもなく、作者の脳内にしか存在しないのだから、誰が描いても見ても何かが足りないと思うのはある意味当然ですね。

P.S.
ちなみに他のキャラクターで浮かんだ個人的イメージなど〜
妹の桐乃嬢はパーソナル設定があまりに完璧すぎて逆に絵が浮かんできません。挿絵のキャラクター絵だと長髪ですが、あれだと陸上の短距離走向きではない感じがして、かといってショートのイメージもないんだよなぁ。 新垣あやせさんは、なぜか一発で涼宮ハルヒの憂鬱の朝倉さんが定着してしまい、以後ずっとそのままw 愛する桐乃を守るためなら、にっこり笑いながら包丁で刺すくらいのことをやりそうなのが怖い。 初期巻の癒し系要員だった田村麻奈実さんは、モリタイシさんのまねこいという漫画に小南奈波ちゃんという、そのまんま絵にして抜け出てきたようなキャラクターがいるので、どうしてもその絵と言動が浮かんでしまう罠。刷り込みって怖い…

posted by acj@管理人 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記