2010年02月26日

〓SoftBank 2G携帯電話サービス終了

2010年3月31日(水)までに第2世代(2G)携帯電話サービスを終了

そんなわけで、しっかりそれに該当する自分の2G携帯もあと1ヶ月の命となり、2000年5月から10年使っていたソフトバンク(J-Phone)からauへMNPで移行しました。 3月末で強制使用不可にされると、いまさらVodafon.ne.jpなメアドはともかく、C78の申し込みや各所で住所登録した電話番号が無効になってしまうため、ホワイトプランで継続か他社へ移行か、どちらかに決めなければならなかったのだから仕方がない。 先週末に地元のソフトバンクSHOPへ行き解約手続きを行い、その足で隣のauショップでMNP新規加入してきました。

まずソフバンの解約で手数料2,100円。 まぁそれはわかっていたのだが、まさか10年前にJ-Phoneで契約したJ-Yearの中途解約手数料で5,250円も追加で請求されるとは思わなかった罠。 このJ-Yearサービスは1年ごとの更新で毎年契約月以外の解約には違約金が発生するらしい。 まさか10年も同じプランを使い続けていて違約金を取られるとは…、その1年満了の5月前にキャリアの一方的な都合で2Gを強制解約となるのに、中途解約の違約金を取られるってのが納得しかねますが、まぁ縁を切るための手切れ金と思って諦めるしかない? あと、その違約金や残り月分の使用料を今まで溜めたポイントで精算しようとしたら、それも出来ないらしいね。 おかげで約3,600点が宝の持ち腐れとなりましたorz
ちなみに、2G携帯終了の3/31まで放置して自動的に契約解除なら各種違約金はかからないらしいが、それをすると3/31でMNP転出の予約受付は終了となるため、今までの電話番号が引き継げなくなるという… なんという落とし穴!

携帯って、基本的に2年契約以上の長期間を使ったところで、5年だろうが10年だろうが特典なんか何もありはしないことに今更思い知らされました。例えば、そのソフバンSHOPで貰った3G携帯電話の本体料金表を見たら〜
iphone3G(8G) 一括購入 ( 新規契約 47,490円 ・ 機種変更/契約変更 2年以上 54,690円 )
新規だと初期の加入料とかもあるだろうから一概には言えないが、10年使ってても2年以上でしかカウントされないし、MNP移行を含む新規よりむしろ端末代が高くなる矛盾。
結局のところソフバンでホワイトプランを2年契約(Aコース)しても、提示された7機種の無料携帯電話以外は割高で購入、Bコースでも2Gからの引継ぎで特別に携帯本体が安くなるわけでもないようだしと、それならMNPで他社へ移動して、MNP新規加入サービスで新機種を安く買った方がお得という結論に至りました。 こうなると、なんで今までソフバンを使い続けていたのか… いや、スカイメールとパケットと無縁の2Gだったからなんですけどね。


というわけで、10年使い続けたソフバンを30分足らずであっさり解約完了して隣のauショップへ〜

MNP新規で申し込むと2年契約で無料携帯がいくつか選べるのに加えて、割と最新の機種も定価の半額以下で買えたりするあたり、実はソフバンの継続利用よりお得? その中から選んだのがAQUOS SHOT SH003という去年の秋モデルで、無料のSH004とどちらにするか悩んだ末に、新規契約21,000円で購入しました。 1210万画素のデジカメ機能が最終的な決め手に… コンデジ代わりに手軽に持ち歩けそうだったので。

SH003

奇しくも約10年使っていたJ-Phoneの携帯が同じシャープのJ-SH03の白モデル。 名前はSH03からSH003と0が1個増えただけなのですが、その性能差はWin3.01とWin7くらいの違い?? あまりに古すぎてショップでアドレスデータの引継ぎが出来ませんでしたw ちなみに後日近所のヤマダ電機のショップで同携帯の新規購入代金を見たら36,000円でしたから、本体だけでもお得価格だったのかも?
それにしてもこのSH003、今まで見たことも触れたこともないカメラやワンセグにアプリとか、機能が豊富すぎて買って1週間そこらじゃEメールの設定すら満足に出来ません。メニュー画面から何をしていいのかもわからない… 完全に時代から取り残されてるので、リハビリには1ヶ月くらいかかりそうですね。


でも結局、前と同じで着メロはピピピの電子音、壁紙デフォルト、文字だけメールを打つ用途に落ち着くのかも?
posted by acj@管理人 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月14日

Happy Valentine's Day !

バレンタインデー
そういう話にはとんと縁のない管理人ですが、たまには流行?ネタで日記を書いてみるのもいいかなと… ちなみに画像は去年出会った俺の嫁(笑) 鉛筆で殴り描きは嫁に失礼だったかな?

posted by acj@管理人 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月22日

Windows7 64bitでSoundFontが使えない

去年新品で購入したSound Blaster X-fi XtemeGamerですが、現時点ではWindows7 64Bitでサウンドフォントが使えなくて困ってます。 その原因はアプリが対応していないため。Soundfontバンクマネージャを起動するとアプリそのものが固まり操作できないからです。
現時点でCREATIVEのダウンロードサイトにも対応ソフトがない状態、なのでどうにもなりません。
clip_1.jpg
ちなみにドライバも、現時点ではWin7 64bit専用でなくVistaからの使い回しのようだ。
幸いうちでは、他のユーザーが報告するようなゲーム中(といっても、まだ3タイトルくらいしか遊んでませんが)に落ちたりブルースクリーンになるようなことはないのですが、普段からDTMでサウンドフォントを多用している環境がXPから引き継げないのは結構痛い。 今現在XPはノートPCのサブマシンしか入ってないので、これにサウンドボードを刺せるわけもなく、いつリリースされるかわからないドライバ&アプリ待ちだったりします。

ちなみにCREATIVEも一応Win7対応にする気はあるようで〜
clip_1a.jpg
先月末にちらっとだけ、Win7 64Bit対応をアナウンスした ver3.21.01をリリースしたのですが、少ししたら消えて3.21.00に戻ってしまい、01はなかったことになってました。 ユーザーから「動作しないぞゴルァ」と、多数の苦情が来てリリースを取り下げたのでしょうか、私のPCでもインストールしてみましたが固まって動きませんでした。
なお、3.21.01はサイトからは見れませんがぐーぐる先生のキャッシュにはリンクが残ってるようです。

それにしても、せっかく狭い卓上でもお手軽キー入力できると、先々月KorgのNanoKEYを買ったばかりだというのに… 64BitでXPと同じDTM環境にするためには、サウンドボードも買い換えないと駄目なのかなぁ。 ワンセグのSC-300もスキャナも対応外だったし、アプリはPhotoshop7とか割と問題なく使えてるのに、うちは従来ハードの大半がWin7 64Bit未対応で涙目です。


 
 新バージョン出ました
posted by acj@管理人 at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月20日

森を切り開いてみたら、そこには・・・ 6

定点観測シリーズ第6回 (過去ログは"森を切り開いてみたら、そこには・・・")で検索してください。
去年から1年がかりで削り取られた駅前の山の残骸ですが、ついに家が建ち始めました。

住宅1.jpg
お決まりのブルーシートにどこにでもあるようなミサワホームの一戸建て建築群。 まぁ住居が増えればそれだけ税収も増えるということで横須賀市もウハウハなのでしょうが、前市長以前の箱物や道路でこしらえた借金(横須賀市も他の自治体みたく借金まみれ)のツケで、数十年来親しんできた自然の景色が次々と消えてしまうのは悲しいことです。 横須賀の自然は、ここ3年くらいで一気にあちこちが削られています。

住宅2.jpg
それにしても、やっぱり道路以外は隙間なくびっしりと建物を並べてしまうのかなぁ。もう少し隣とのスペースに余裕を持たせてもいいだろうに・・・

住宅3.jpg
元廃墟のあった窪みの部分は申し訳程度の緑地となりました。 てっきり上の高さまでコンクリ壁を伸ばし、スペースを広げて家を建ててしまうと思ってたのですが… なにか家を建てれない事情でもあったのでしょうかねぇ。 人が入れる感じもしないし、妙に不自然な緑地です。
posted by acj@管理人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月22日

GeForce9600GT Green Edition

自分のメインPCは、銀河のGeforce8600GT(ファンレス)を使用していたのだが、来月発売で予約済みのザ・シムズ3を少しでも快適にプレイするため、1つ上のグラフィックボードへ換装することを決めました。

とりあえず購入するにあたっては、来るべき猛暑に向けてなるべく熱を持たない、補助電源不要で400〜450Wの電源あたりで動作する省電力を… 最初からこれと決めたようなものですね。

gf9600gt_eco 0.jpg
ZOTAC 9600GT Eco 512MB DDR3 (288-2N114-000RT)
GF9600GTの低消費電力版なわけですが、コアクロックを650>600Mhzに落として補助電源不要としたおかげで、従来の9600GTより消費電力が40%減96Wから59Wまで下げられました。 更に、この288-2N114-000RTはアイドル時に300Mhzまでダウンクロック可能、しかもショート基盤で1スロット占有タイプなので、自宅のMicroATXボードにも余裕を持って刺せるのが魅力です。

gf9600gt_eco 2.jpg
通常、メールやネットを見てるときはほぼこの状態。 室温23℃の部屋でアイドル48〜50℃くらい、丸1日つけっぱなしにしていましたが安定動作(400W電源)しています。 3回ほどS3復帰してみましたが今のところ異常なし。 電源投入時にファンが全力回転するものの、ドライバ(185.85)が読み込まれると回転数が落ちて静かになるのでひと安心。

まだゲームが届いていないので本格的に負荷をかけていませんが、これなら8600GTから最低限の電力&発熱アップで最新ゲームと戦えそうです。 新品で1万円以下という価格帯も魅力ですね。


以下は参考になるかわかりませんが、お好きな人向けに〜

gf9600gt_eco.jpg
コアは55nmのG94-350-B1。 ちなみに09年5月9日購入品

NiBiTor5.0でコア設定を確認してみました。
gf9600gt_eco 4.jpg
動作電圧は1.01V

gf9600gt_eco 3.jpg
動作クロック設定、アイドル時は2D設定が使われているようだ。

gf9600gt_eco 1.jpg
最後にGPU-Zの設定画面、まだ未対応なのかTechnologyが
65nmと表示されています。

posted by acj@管理人 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記