2013年05月19日

夏は三号突撃砲で〜

5月に入り、そろそろ夏に向けた新刊の編集作業に取り掛かる時期が近づいてきました。
今年は「写真で見るドイツ軍装」というより「写真で見るドイツ軍部隊」と変更した方がいいのかもしれませんが、2つの突撃砲部隊を取り上げた本を検討中でして〜。

1つめは「第201突撃砲大隊」
この大隊は1941年4月にドイツのユーターボクで編成され、42年末のスターリングラードまでロシアで戦い、43年の再編成後はギリシャのケファロニア島へ移動となるのですが、写真集では41年のバルバロッサ作戦と、43年のケファロニア島へ移動する2部構成での編集を考えています。 ちなみに装備兵器が1部で短砲身 2部で長砲身と、三号突撃砲の種類も大きく2つに分かれるため、構成的にも見やすくなるかもしれません。

2つめは「第287突撃砲中隊」
これは突撃砲部隊の写真集ではなく、43年以降にロードス戦車大隊第1中隊へ配属された287中隊の写真が中心の、ロードス突撃師団 写真集の1コーナー的な扱いとなります。 1つの師団を43年〜45年に渡って掲載する、内容的にかなりボリュームのある写真集になることが予想されるため、2冊目として夏に間に合うかは微妙ですが、完成すれば長砲身三号突撃砲を撮影した素晴らしいPK写真やパレードでの行進風景など、様々な第1中隊の写真を見ることが出来るでしょう。 


今のところ掲載予定の写真がすべて手元にあり、ある程度資料や参考書籍も入手済みの201大隊の方から手をつけるつもりですが、当初はRouen1943みたいな16Pの写真集を予定していたものの、写真を割り振っているうちにどうも20Pを超えそうなボリュームになりそうなため、ひょっとすると夏はこれ1冊になる可能性があります。
ともかく、どちらが出るにせよ今夏の写真集は三号突撃砲が登場することは間違いないので、軍装のみならず装甲兵器がお好きな方もどうぞ期待してお待ちください。

287_201.jpg
posted by acj@管理人 at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 同人活動

2013年01月09日

C83終了~

あけましておめでとうございます

昨年12/29に参加したC83は、無事に新刊を頒布して終了することが出来ました。

C83_1.jpg


当日のスペースは、在庫の残りを掘り出して小部数を持ち込むなどして、7種類頒布という過去最大のラインナップとなりましたが、おそらくここまで圧縮した陳列での参加は最初で最後となるでしょう。 おかげさまでM44本とHG本はC83でほぼ完売、Rouen1943も次の頒布で完売となりそうです。 
C83は、深夜アニメ「ガールズ&パンツァー」の放映後半が開催日と重なったおかげか、1日目配置でありながらメカミリジャンルは例年以上の盛況ぶりだったようで、他のサークルで頒布していたガルパンに登場するキャラクターや戦車に関連する本の頒布数にも、その効果が顕著に表れていたようです。 実際、うちのスペース前を通る人の流れも最後まで途絶えることなく、スペースに立ち寄ってくれる方もいつもより多かった気がします。
2日目配置となるC84でも、願わくばこのガルパン効果が持続しますように〜

さて、C83で当サークルが発行した新刊「枢軸同盟国 軍装写真集 ドイツ国防軍編」ですが、すでに入手された方はその存在に驚かれているかもしれません。 今回の新刊では、本来なら同人誌で初出するようなレベルではない、WWIIの歴史から見ても非常に重要な、ドイツ陸軍に関係したと思われる日本人義勇兵の写真の初公開に踏み切りました。 掲載にあたっては、現時点で判明している情報をすべて提供するという意向から、写真裏面のキャプションを併載しましたが、これにより更なる情報が各方面から集まってくる&活発な議論の呼び水になってくれることを願っています。
なお同人誌に掲載した時点で、私が写真とソースを秘匿している意味はなくなったとの判断から、ページ作成に使用した写真の画像データとキャプションを、長年このジャンルを研究されている方達にも提供しました。 いずれそちら方面からの公開もあるかもしれないので、楽しみにしてお待ちください。

ちなみにその義勇兵写真ですが、誌面で気付かれた方はいるでしょうか?

C83_2.jpg

実はこの箇所を、ドイツの販売者がアルバムから剥がす際に破いてしまい、上からセロテープで乱暴に補修されていたのを、私が画像データ上で補修していたりします。  現在、海外フォーラム等でここが破れたままウォーターマークをトリミングした画像が一部出回っていますが、それは写真が売りに出されたときの商品サンプル画像からの無許可転載なので、見分けるときの判断材料にしてください(笑


C83_3.jpg

あとC83ではこんなワッペンも作って頒布してみました。
これは米海軍のワッペンを製作している刺繍店で特注した旭日義勇章なのですが、その存在自体が確認されたことのない未知の徽章ということで、私が写真と当時の一般的な義勇章の形状を参考にして図版を作成、店頭に持ち込んで製作してもらいました。 すべて手刺繍で製作ということで1枚あたりの単価が高くなったため、サークルとしてはスペースで10枚ほどの手売りが限界でしたが、いずれどこかの軍装メーカーで他の義勇章と同じく製品化してくれることを期待したいと思います。


最後に恒例のサークルチラシ。

C83_4.jpg

なにを血迷ったのか、コミケ2日前に突然「中二病でも恋がしたい!」に登場する謎の武具が描きたくなり、ろくに資料もない状態でTV画面を見ながら悪戦苦闘して絵をでっち上げるものの、これは手に負えない代物だと下絵で行き詰った時すでに他のネタで描き直しをする時間もなく…

C83_5.jpg

変な形とは思いつつ塗りで誤魔化しとりあえずチラシとして完成、なんとか間に合って当日は70枚ほど配布することが出来ました。 それからチラシのコピーついでに、次回予告なんてのもボードにして当日スペースで飾ってみましたが〜

C83_6.jpg

決してタイトルに嘘偽りはありませんので、もし夏に新刊として出せたらそのまま「ロードス島戦記」で作りたいと思います…が、商標の関係からそのまんまタイトルはやっぱり無理かなw  ともあれロードス突撃師団は、ちょうど去年発売されたラスカン3巻の1章とコラボするので、やるとしたら今年こそが絶好のタイミングなのですよね。

それでは、今年もサークルゆめみ〜あい別館をよろしくお願いします。
posted by acj@管理人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2012年12月07日

C83新刊のお知らせ

今回は編集スケジュールが若干ずれて、入稿完了後のブログ告知が12月にずれ込んでしまいました。

コミケまで残り1ヶ月を切ってしまいましたが、サークル「ゆめみ〜あい別館」は12/29(土)の1日目に参加、新刊1冊を頒布をします。

C83新刊表紙.jpg

枢軸同盟国 軍装写真集 ドイツ国防軍編 (B5サイズ:44頁)

ルーマニア王国編・オランダNSB編に続く3冊目となる枢軸同盟国シリーズですが、今回はドイツ国防軍で編成された外国人部隊の、多種多様な人種・国籍を持つ義勇兵達の軍装写真を集めました。 その内容は、クロアチア独立国、グルジア・トルキスタン系の東方大隊、第950歩兵連隊、第287特別編成部隊、青師団など… 表紙画像に掲載した義勇章の部隊を左から順に掲載しているので〜

サンプル4.jpg

兵士の右袖上にはこんなのや〜

サンプル2.jpg

こんな義勇章…

サンプル5.jpg

さらに珍しいところでは〜

サンプル3.jpg

こんなのまで… 

ほぼすべてが国内未発表の個人写真だと思います。 特に旧フランス植民地の住民や北アフリカ戦線で捕虜となった兵士から集められた、黒人を含むアラブ義勇兵やヒンドゥー・イスラム教徒のインド義勇兵の写真は一見の価値あり。 「こんな人達までドイツ軍兵士として戦っていたのか!?」と、知る人も知らない人も写真を見て驚くこと間違いなしです。

さらに今回、巻末10ページに追加編として、ルーマニア、ハンガリー、ブルガリア、スペイン、日本など、その他の枢軸同盟国の軍装写真を掲載しています。 こちらは1冊の本として編集するには数が少ないため、まとめて掲載してしまおうということで、各国1〜4枚ずつの写真で簡単に触れているのみです。 筆者の知見不足のため、写っている日本人将官の名前がわからないなど、一部不完全な状態での掲載は心残りですが、ここで載せないとおそらく永久に使用する機会はないと思われるため、今回あえて(予定より4ページ増量して)使ってしまいました。

最後に〜
実は今まで書いてきたのはすべて前振りで、ここからが本誌最大の特集になるかもしれません。 すでに表紙画像の義勇章を見て気づいた方もいるかもしれませんが、

サンプル1.jpg

上写真は以前、Vショーのパンフ等で見た方もいるかもしれません。 長らく謎であったこの写真左の義勇兵ですが、筆者が今年初めに上写真とさらに新写真の2枚を発見・入手したことにより、その裏書きからついに彼らの正体の一端が明らかとなりました。 この件については、いずれもっと大きな書籍やメディア等で広く発表したいとも考えていますが、まずは本誌で先行公開ということで、裏書き画像を含む上写真と新写真の2枚を掲載しました。


というわけで、
当サークル発行の同人誌の中で、おそらく過去最高の予算と期間を使い製作された「枢軸同盟国 軍装写真集 ドイツ国防軍編」は C83 1日目 東ヘ-53b「ゆめみ〜あい別館」での頒布となりますので、会場にいらした際には是非新刊を手にとってその内容を確認してみてください。
posted by acj@管理人 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2012年08月13日

C82終了~

c82_スペース.jpg

昨日のコミケは例年通りの猛暑開催でしたが、蒸し暑い中を当スペースまでお越し頂いた皆様、ありがとうございました。
C82に合わせた新刊も、持ち込んだほぼ同数が頒布出来ました。 特に500円シリーズのRouen1943は値段の手軽さもあり、手に取ってくれた方が多かったような気がします。  急遽スペースに置くことが決まった委託本も、事前に宣伝告知がほとんど出来なかったにもかかわらず、沢山の方に購入して頂き、委託主も喜んでいると思います。 これをモチベーションに、次はフィンランド軍写真集を発表出来るよう奮起してもらいたいところでしょうか。 昨日は本と一緒にチラシも挟んで再配布したことですしね!

ところでそのチラシですが、当サークルのC82フリーペーパーに早くも誤植が・・・ 昨日あれだけ自分で配布しておきながらまるで気づかず、今朝起きて画像ファイルを整理して見つけてしまいました。

C82_チラシ2.jpg

発行日が前回C81のままですorz 
正しくは2012年8月12日ですね、一応コピー前に何度も見直しているはずなのに、古いレイヤーを重ねたまま忘れて画像を統合してしまったのか・・・?  なんにせよ、この場を借りて訂正したいと思います。  他にも、何かやらかしてて気付いていないことがありそうな感じもしますが、同人誌の誤植や解説不備の訂正等は見つけ次第ホームページで更新告知をしていきますので、「本当なら更新なんかない方がいのですが」 たまにチェックしてみてください。


それでは、次のC83はメカミリ配置が1日目となりそうですが、そちら関係の情報も当ブログやHPで告知を行いますのでよろしくお願いします。
posted by acj@管理人 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2012年07月30日

C82新刊のお知らせ 3

いよいよ夏コミケ本番まで2週間を切りました。

Rouen 1943 2.jpg

先週は2冊目の新刊Rouen 1943の自宅配送分が印刷所から到着、これで本に関しては準備OK! あとは恒例のサークル配布チラシを作り、スペースに飾るPOP類を8月の残り時間を掛けて作るのみです。  あと夏は命に関わる防暑グッズの用意もしっかりと忘れずに・・・

それと今回はあと1冊、多分サークルとしては初になるでしょうか、当日スペースに委託で1冊本を置くことになりました。

zusetu_M1.jpg

図説 M1ガーランド バリエーション
発行:乾 基(Inui Moto)

発行者からの紹介文 「日本ではあまり知られていないM1ガーランドのバリエーションの紹介。 各部パーツ形状の違いから刻印のバリエーションまでを詳細なイラストと適切な解説で紹介します。(B5/44ページ)」

発行者が運営するブログの、委託本に関する記事はこちらになります。

---

というわけで〜
夏コミケ(C82)は新刊2冊(メルダース写真集 増補改訂版・Rouen 1943)と既刊2冊(ヘルマンゲーリング師団写真集・オランダNSB写真集)、委託本1冊(M1ガーランド バリエーション)の計5冊を、8月12日(日) 東ヘ-24b 「ゆめみ〜あい別館」にて頒布します。
今年の有明も、猛暑でとてつもなく過酷な環境と大混雑が予想されるため、当日はしっかりとした防暑対策と十分な飲料水の用意を忘れずにお越しください。
posted by acj@管理人 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動