2012年07月21日

C82新刊のお知らせ 2

前回記事で書いた新刊の1冊目が、早くも今週末到着しました。

メルダース写真集 増補改訂版 1.jpg
基本的に初版と変わらない表紙ですが、今回は影の部分が黒潰れにならないよう明るめにしています。

メルダース写真集 増補改訂版 2.jpg
見開き2ページで掲載していた機体写真は、ご覧のように1ページで収まるように修正しました。

メルダース写真集 増補改訂版 3.jpg
本文写真の濃度と明度も全体的に明るめにして、極力黒潰れを抑えた仕様にしています。 あと今回は、印画紙の汚れより機体の細かなディテール等を潰さない方を優先して、レベル調整の白飛ばし処理も極力かけていません。
本文解説は、入稿直前に大幅な見直しを敢行して全体の1/3くらいをカット。 読んでてくどくなりそうな箇所を思い切って削り落とし、空いたスペース分で行間を広げて読みやすく修正しました。

こちらの新刊は コミックマーケット83 3日目(8/12(日)) 東へ-24b 「ゆめみ〜あい別館」 での頒布となります。


**********

2冊目の新刊も今週初めに入稿完了〜自宅配送分の到着待ちです。

Rouen 1943 1.jpg
Rouen 1943
第24戦車師団・第654重戦車駆逐大隊 演習記録写真集

1943年5〜6月、北フランスのルーアンにて再編成中の第654重戦車駆逐大隊が、グデーリアン上級大将を迎えて実施した大規模演習の模様を、同演習に参加した第24戦車師団の士官が所有していた個人アルバムから紹介するという、ちょっと変わったコンセプトの写真集です。
個人的に、大日本絵画刊のヤークトパンター戦車隊戦闘記録集の前半部分で数行だけ書かれている、ルーアンでの大規模演習の箇所を補完する意味で今回の本を企画したのですが・・・



第654重戦車駆逐大隊のカラーは薄く、どちらかというと第24戦車師団の将兵が中心・・・ それでもフェルディナント重駆逐戦車の写真は数枚(うち2枚は完全未発表)押さえていますので、その点はご安心ください。

なお、こちらは以前発行したM44野戦服写真集と同じ、20ページ以内の小写真集シリーズとなります。
posted by acj@管理人 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2012年06月26日

C82新刊のお知らせ

1ヶ月ぶりの記事更新は、夏のコミックマーケットC82関連のニュースです。
6月に入ってコミケの当落発表があり、今夏もサークルゆめみ~あい別館の参加が決まったところで、しばらく新刊の原稿製作に着手していました。 そして気になるC82の新刊ですが、前回記事にも書いたようにメルダース写真集の増補・改訂版の頒布で行くことにしました。
メルダース写真集_改_表紙.jpg
この1ヶ月間で改訂作業がほぼ終了して、あとは何回か校正を行った後に入稿すれば完了でしょうか。 表向きは改訂版なので、初期の稚拙なデザインのまま再度出すのには少々不満が残るものの、表紙は基本的に初版と変わらない装丁デザインのまま色だけをつけています。 ちなみに裏表紙は、今度こそJG51に関係する写真にきっちり差し替えてますのでご安心?ください。

C77で発行した初版は、C76で特典冊子として出したメルダース特集本を完全な本の形にして発行するという意味もあり、完全版と銘打ちましたが、内容的にはまだまだ写真や図版が少なめで物足りないものでした。 そのためC82発行予定の増補・改訂版では、ページ数を36ページから40ページに増やし、巻末の航空機識別表をすべてカットするなどして40枚近くの新写真を追加、既存写真もほとんどをスキャナで取り込み直してより大きくあるいは見やすく修正を加え、図版や解説にも追加・修正を大幅に加えて、現時点でこれ以上のものは望めないであろう、より完成度の高い1冊に仕上げました。

メルダース写真集_改_01.jpg
既存ページからの大幅な変更点としては、まず見開き2ページに渡って大きく掲載した機体全身写真3枚をそれぞれ1ページに収めて、ノドの部分が見難かった機体中央部分が見やすくなるよう修正しています。 その他、解説の書き直しだけでなくレイアウト変更や写真の差し替え・撮り直しで、ほぼすべての既存ページに何らかの手が加わっています。
なおレイアウトの都合上、初版のみで改訂版には掲載しなかった写真も2〜3枚だけですがあります。

メルダース写真集_改_02.jpg
今回追加された新写真の目玉は、近年市場に出回り始めたワルシャワの空港で撮影された、メルダース大佐と彼のBf109Fの写真から12枚(左)。 次に当初36ページ構成の予定だったのが、1週間前ドイツから到着して4ページ追加になった、死の2ヶ月弱前あたりに撮影された6枚(右)。 その他、前回ではほとんど触れなかったJG53時代の写真・解説を少々加えて、タイトルの一部を1940-1941から1939-1941に変更。 レアなところでは、戦闘機隊総監就任後に非公式でBf109Fに乗り出撃する未発表写真など、彼が第二次世界大戦で活躍したほぼ全期間を網羅した内容となっています。

メルダース写真集_改_サムネ_36Pバージョン.jpg
全36ページ予定だった時のサムネイル画像はこんな感じですが、現時点ではさらにページが追加されレイアウト構成も変更されています。

まだ入稿前なので詳しいことは何も決まっていませんが、C82は3日目の8月12日参加で、新刊はメルダース本の増補・改訂版がまず確定。 まだ印刷所の最終入稿締め切りが1ヶ月先なので、場合によってはあと1冊何かを作ってもいいかなと考えています。 ただ、搬入スペースや印刷費用の都合もあり、それほど大きなネタには着手出来そうもないので、作るとしたら久しぶりに500円シリーズで16ページ前後の本になるかもしれません。

なんにせよ、もう少し詳細な告知は改めて7月後半あたりで行いたいと思います。

posted by acj@管理人 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2012年03月20日

メルダース本の増補改訂を検討する

ゆめみ〜あい別館がサークルとして初参加した、2009年の冬コミケ(C77)で発表したヴェルナー・メルダース写真集。

メルダース 0.jpg
コミケ初参加でサークルとしての頒布数が読めず小部数しか刷らなかったため、すでに在庫はなく絶版となっている本誌は、その前の夏コミケ(C76)で委託頒布した武装SS本の特典として90部ほど配布した、8ページほどの小冊子が元になっていました。

メルダース 1.jpg
C76特典小冊子
この小冊子は本誌の発行予告みたいな扱いとなり、次のコミケでちゃんとした本の形にして発行するに至ったわけですが、完全版と銘打ちながら解説の不手際やフォント・レイアウト上の失敗など、初期の同人誌にありがちなミスが目立ったものでした。 加えて、本を作ったからそこで写真や情報の収集は終わりという訳でもなく、発行から2年半が経った今もリアルタイムで新発見の写真や情報は次々と更新されていきます。

そこで今回、夏コミケに向けてこのメルダース本を増補・改訂する案を検討中でして〜

メルダース 3.jpg
1941年前半の北フランスで撮影された、ラダー写真を含むメルダース専用機のBf109F1をいくつか…

メルダース 2.jpg
近年出回りはじめた41年夏のワルシャワ近郊で撮影された、101機撃墜のスコアが描かれたラダー写真を含むBf109F1の細部がわかる新写真多数と、前回間違った解説で掲載した同機写真の訂正とレイアウトの修正等々…

さらに、戦闘飛行が禁止された戦闘機隊総監就任後に30機近くのソ連機を非公式で撃墜したとされる、ロシア戦線でBf109F2に乗るメルダース大佐の未発表写真など〜。 おそらく完成すれば20〜30枚程の新写真を追加した、新刊と言っても差し支えないほど増補改訂したものになるはずです。


現時点では他にもやりたいネタ候補がいくつかあるので、そちらの下準備を優先して改訂作業には全く手をつけていませんが、もし再版の要望が多ければ試しにページ構成とレイアウトだけでも手をつけてみたいと思います。

posted by acj@管理人 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2011年12月29日

決戦前日

いよいよC81、冬のコミケが始まりました。
当サークル「ゆめみ〜あい別館」は明日の金曜日に参加、東5 プ-23bですが、 最後の梱包とPOPの印刷の真っ最中だったりします。 あとは午後から昨日仕上がったサークルチラシをコンビニへコピーしに… いつものことだが、開催ギリギリにならないとチラシを描くモチベーションが上がらないのは何故だろう。
2597581_1468076659_92large.jpg
こんな感じのを100枚ほどコピーする予定なので、スペースで見かけたらどうか貰ってやってください。

サークルの頒布物は〜

新刊 :枢軸同盟国 軍装写真集 オランダNSB編
既刊 :Wrecked Panzer in Russia 1941-42
既刊 :陸軍1944年型野戦服 写真集
既刊 :ヘルマン・ゲーリング師団写真集
既刊 :武装親衛隊 軍装写真集

〜以上の5種になりますが、下3つの既刊は20〜25部前後、夏の既刊Wrecked Panzerは45部前後の持ち込みになります。
Wrecked Panzerは自宅在庫をすべて持ち込んだので、これが終わると残った委託分以外の残部が0になります。 前回C80で残部なしになった武装SS本は、今回のために委託先の返本と自宅残部をかき集めてなんとか20部用意しましたが、2刷はこれで完全終了となります。 3刷は、さすがに刷るとしてもかなり先の話になるでしょうから、今回が実質最後の頒布になるでしょうか…

それでは、
明日のコミケは東5 プ-23b「ゆめみ〜あい別館」で、お待ちしております。
posted by acj@管理人 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動

2011年12月03日

C81新刊のお知らせ

冊子カタログも発売となり、いよいよ冬コミケまで1ヶ月をきりました。
今年後半は私生活でドタバタしていたので、一時はどうなることかと思いましたが、 なんとか先月末に新刊の入稿を済ませてとりあえずは一段落、あとは開催を待つばかり。 というわけで新刊告知を〜
1122087858_253.jpg
C81新刊は前回冬コミケC79で発表した「枢軸同盟国 軍装写真集 ルーマニア王国編」の2巻目となる、「枢軸同盟国 軍装写真集 オランダNSB編」となります。
今回の題材はオランダのファシスト政党NSBと、その準軍事組織WAという、日本ではその存在すらほとんど知られていないであろう、あまりにマイナーすぎるネタというわけで、正直なところ前巻に予告は打ちましたが、発表しても果たして会場で手に取ってもらえるか少々不安であったりします。 制作にあたっても、元々きちんとした資料が極端に少ないジャンルのようで、80年代に出版されたおそらく唯一のNSB・WAを扱った洋書の情報が、今もWebや後続の資料本でそのまま引用されているような感じだったりします。 そのため、私の本でも引用した解説や作成した図版の正確性に?がつくのですが、とにかく載せた写真だけはありのまま真実なので、よろしければ観賞用としてだけでも本書をお楽しみ頂けたらと思います。

1122087858_213.jpg

特に本書で掲載した中で注目しているオランダ版SA(突撃隊)ともいうべきWAは、その組織がSAで軍装が黒服のアルゲマイネSSにそっくりという、親衛隊が好きな人にはたまらないネタになるかもしれません。 本文24ページ+カラー口絵1ページ、1941年に撮影されたNSB指導者Anton MussertやWA指揮官A.J.Zondervanの鮮明な写真など、国内ではまずどこの雑誌も取り上げないであろう貴重な人物と軍装の写真が多数掲載されていますので、マイナー枢軸国の軍装写真に興味のある方は是非手に取って見てやって下さい。
 
それでは、
C81は2日目の12月30日(金) プ-23b 「ゆめみ〜あい別館」 で、よろしくお願いします。
posted by acj@管理人 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人活動